工事・修理・製造現場のプロ向け通販 | 配管部品.com

まとめ買いクーポン

部品をお探しの方工具カテゴリー一覧

配管・空調・電設工具

一般作業工具

電動・エア・先端工具

防爆・絶縁工具

作業用品

補修・メンテナンス・安全用品

測定・測量用品

化学製品

発電機・作業環境機器

配管部品.com.トップ > 配管部品 > 住宅設備用配管 > 排水・通気金具 > 臭気にお困りの方、通気弁のことならこちら

臭気にお困りの方、通気弁のことならこちら

ドルゴ通気弁は1973年、スウェーデンのドルゴ社で開発された通気弁です。ドルゴ社の置かれていたストックホルムは寒さが厳しく、屋外の排水通気管が凍結して閉塞するという問題が日常化していましたが、そうした問題を解決するために生み出されたのが、世界で初めて排水通気を屋内処理することに成功したドルゴ通気弁です。

ポイントとなったのは「排水通気を屋内で処理する」という従来にはなかった発想でした。そして、それ以来長年にわたって経年変化による交換事例がないという優れた通気弁です。配管部品.comでは、森永エンジニアリング社のドルゴ通気弁を数多く扱っていますが、同社の累計販売個数(1983年に試験販売がスタート)は300万個にも達しています。

ドルゴ通気弁にはさまざまなメリットがあります。まずは防水処理が不要であることです。屋内処理方式ですので、わずらわしい防水対策の必要がなく、建物を傷める心配もなくなります。また工期が短くて済むというメリットもあります。通気管末端の通気ガラリやベントキャップが必要ないため、配管の部材が削減できますし、工期も短縮できて非常に効率的です。また、森永エンジニアリング社のEソケット付ドルゴ通気管を例とすると、通気弁本体とEソケット部が着脱が可能で、メンテナンスが容易という利点もあります。

さらには、排水通気を屋内で処理するわけですから、建物の美観も保てますし(建築デザインの自由度がアップ)、外壁が汚れる心配もありません(排水管の臭気も出さない)。また、前述の通り、積雪による通気管の凍結や閉塞自己といった問題も回避できます。

森永エンジニアリング社では、さまざまなドルゴ通気弁をラインナップしています。Eソケットが付属されていて通気弁本体が着脱できるタイプのもの、ルーフバルコニーの通気管処理に最適なアルミニウム製トップカバー付のもの、衛生器具のあふれ縁下設置を可能にしたミニドルゴなど、用途に応じて選べます。



ドルゴ通気弁室内通気処理法のメリット

(1)防水知識が不要
屋内処理方法のドルゴ通気弁を使用すれば、面倒な防水対策がいらなくなり、建物を傷めることがなくなります。
(2)工事の短縮
通気管末端の通気ガラリやベントキャップが不要となり、配管部材が削減できるとともに、工事も短縮できます。
(3)建築デザインが自由に
屋内通気処理は建物の美観を良くするだけでなく、配管スペースを最小限に抑えることができます。
(4)臭気や汚れもなし
屋内処理方法のドルゴ通気弁なら外壁が汚れる心配がなく、排水管の臭気も出しません。
(5)メンテナンス性がアップ
通気弁本体とEソケット部が着脱可能となり、メンテナンスがしやすくなりました。また現場で用意していただいたDVソケットが不要となりました。
(6)寒冷地での不具合解消
排水通気を屋内で処理するドルゴ通気弁は、積雪による通気管の凍結、閉鎖事故、氷柱の落下事故などの心配がありません。
屋内通気処理方式のパイオニア

Eソケット付ドルゴ通気弁

適用される排水システムと設置位置

●ドルゴ通気弁が設置可能な排水システム及び設置位置は以下の通りとなります。
  • 伸頂通気方式の伸頂通気管の頂部
  • ループ通気方式の伸頂通気管の頂部
  • 伸頂通気方式の排水横枝管のループ通気管および各個通気管の頂部
  • ループ通気方式の排水横枝管のループ通気管及び各個通気管の頂部
    (ただし、排水横枝管に設置する場合は、接続される衛生器具数を5台程度とする。)
  • 許容流量とサイズ決定

    ●ドルゴ通気弁の排水性能は、従来の外気解放通気と同等とみなすことができます。
    排水システムの許容量は、実験により外気解放通気システムと同等の性能があることが確認されているため、通気弁のサイズは通気調和衛生工学会規格・給排水設備基準(SHASE-S206)に規定されている定常流量法を用いて排水管の管径を設計し、以下の方法で決定してください。なお、許容流量値は同基準の技術要項表3.4が適用されます。
  • 排水立て管に設置する場合→排水立て管の管径と同径
  • 排水横枝管に設置する場合→排水横枝管の管径の1/2以上
  • ハーフバルコニーの通気管処理に!(アルミニウム製トップカバー付)

    屋外設置用ドルゴ通気弁

    設置位置

  • 通気管がルーフバルコニーに立ち上がる場合に。
  • バルコニーにスロップシンクがある場合の排水通気に。
  • 既設の単独外気解放通気の代わりに。
  • その他解放通気の臭いでお困りの場所に。
  • ※凍結による作動不良が予想される地域(寒冷地)での屋外設置はしないでください。

    製品の特長

    ●アルミニウム製カバーを標準装備。直射日光を防ぎ、通気弁の耐久性を向上させます。
    ●強風に強いL字アングル固定を実施。カバーの脱落事故を防止します。
    ●万が一製品に不具合が生じても、容易にEソケットから通気弁を取り外し、点検交換がスムーズにできます。(JDC-125除く)
    「ミニドルゴ」が、ニオイ・ゴボゴボ音をスッキリ解決

    ミニドルゴ

    【台所流し用】


    画像クリックで購入ページへ

    【洗面・手洗機用】


    画像クリックで購入ページへ

    【台所流し・横管用】


    画像クリックで購入ページへ

    【洗面・Pトラップ用】


    画像クリックで購入ページへ
    国内で初めて、衛生器具のあふれ縁下設置を可能にしたミニドルゴ。器具トラップの封水切れを防止することで、不快な臭い、音などの不具合を解消します。万が一排水管が詰まっても、二重の逆流防止機構が排水の逆流を防止します。

    設置位置

  • 2階以上に水周りがある戸建住宅に。特に、大便器と手洗器を直近で合流配管する場合に効果的。
  • 戸建住宅、マンション、その他商業施設の最下階単独系統の補助通気として。
  • その他、台所流しや洗面器で封水切れが発生する場合。
  • 排水横主管の通気がピット内で処理可能

    ドルゴ低位通気弁

    製品の特長

    ●排水横主管でのピット内通気処理を可能に!
  • 二重の逆流防止機能を装備し、衛生器具あふれ縁より下部設置を可能に。
  • ●複数の衛生器具が接続される排水横枝管の通気に最適!
    ●接続口径(50A及び75A)2種を用意。

    設置位置

  • 1階単独排水横主管のピット内通気として。
  • 排水横枝管に複数の衛生器具が接続されている箇所の通気に。
  • 戸建住宅で、伸頂通気管が立ち上げにくい場所(2階大便器の排水)に。
  • マンションなどの高層建物で、排水立て管途中で異常負圧が発生するような場所に。
  • オフセット配管対策用に。
  • 戸建住宅・低層住宅用排水通気弁

    ドルゴプラス

    製品の特長

    ●コンパクトで狭いところに設置可能
  • 従来のドルゴ通気弁のドーム部を円形から楕円形にすることで、納まり寸法(84→54.5o)を大幅に改善しました。
  • ●新型吸気口の採用により性能アップ
  • オーバルヘッドと新型吸気口の採用により、当社通気弁JDE-40より通気性能を10%アップしました。
  • ●点検。メンテナンス作業が容易に
  • 本体にはそれぞれEソケットもしくは低位ソケットが付属されており、点検・メンテナンスの際には容易に取り外しが可能です。
  • ●塩ビ管φ40.φ50兼用で、VU40、VP40、VU50に対応します。(VP50には対応できません)

    使用範囲

    DP-40E
  • 伸頂通気管頂部への設置が可能
  • 配管接続口径40A、50A(VP50Aは不可)
  • 戸建住宅で、伸頂通気管が立ち上げにくい場所(2階大便器の排水)に。
  • Eソケット付(配管接着が必要)
  • DP-50L
  • あふれ縁下部への設置が可能
  • 配管接続口径50A
  • 低位ソケット付(配管接着が不要)
  • 二重の逆流防止機能付き
  • 75Aまでの排水横管通気にも対応可能
  • 設置位置

  • 戸建住宅や低層アパートの排水通気に。
  • 3階建規模の戸建住宅の排水通気に。
  • 最下階単独の排水横枝管の通気に。
  • 従来のドルゴ通気弁、低位通気弁では、納まりが厳しい場所に最適。
  • ※特に配管の立ち上げが厳しい箇所