LIXIL 新CM「キッチンの妖精」篇

公開日: : ニュース, メーカー紹介

LIXILは、俳優の山下智久さん、ピエール瀧さんに加えて、今回新たにママさんモデルの堂珍敦子さんを起用した新CM「キッチンの妖精」篇を3月23日から全国で放映開始した。

登場するのは、セラミックトップを採用した同社の主力システムキッチン「リシェルSI」。セラミックは、焼き物ならではの素材感と美しさに加え、熱・キズ・汚れに強く、キッチンのワークトップにとって理想的な素材。キッチンに現れる妖精役を山下智久さんとピエール瀧さんが演じ、最新のキッチンを使いこなして調理する様子を通じ、「料理を楽しむキッチン」というメッセージを伝える。

また、セラミックトップだからこそ思い切り料理を楽しめることを訴求する新コンセプト、「毎日ぶつけろ、料理愛。」のもと、スペシャルサイトで、堂珍敦子さんが子どもと一緒におやつを作るシーンやリシェルSIの使いやすさを紹介した動画やそのレシピなどを紹介している。

管材新聞 2018年4月11日 第1735号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

ノーリツ「足湯deワールドカフェ2016」開催

湯まわり設備メーカーのノーリツは11月18・19の両日、外国人や日本人観光客などが多く訪れる

記事を読む

管材新聞 アイコン

積水化学 西日本の生産子会社再編「西日本積水工業」発足

積水化学工業の環境・ライフラインカンパニーは4月1日、将来的な需要構造の変化に対応すべく、西日本エリ

記事を読む

管材新聞 アイコン

東日製作所 「ねじ締めトラブル解決セミナー」開催

東日製作所は9月14日、東京コンファレンスセンター品川で「ねじ締めトラブル解決セミナー」を開催した。

記事を読む

LIXIL アイコン

LIXIL アクアセラミックが「“超”モノづくり部品大賞」生活関連部品賞を受賞

日本のモノづくりの競争力向上を支援する「“超”モノづくり部品大賞」(主催・モノづくり日本会議、日刊工

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立金属 来年1月から配管機器10~20%値上げ

日立金属はこのほど、継手など配管機器製品の価格を来年1月1日出荷分から値上げすると発表した。引き上げ

記事を読む

管材新聞 アイコン

LIXIL 上海にアジア最先端の研究開発拠点

LIXILは、中国・上海ビジネスパーク内にアジアの研究開発拠点の中心となる施設をこのほど新設した。同

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度建設投資 1.6%増の51兆7700億円

国土交通省はこのほど、2016年度の建設投資を前年度比1.6%増の51兆7700億円とする見通しを発

記事を読む

クリナップ Valcucine

クリナップ 伊高級キッチンメーカーと業務提携 国内超高級市場開拓へ

クリナップはこのほど、イタリアのプレミアムキッチンメーカー「Valcucine(バルクッチー

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 茨城に大型物流拠点建設

工業用間接資材通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)は、茨城県笠間市に約50万アイテムの商品

記事を読む

管材新聞 アイコン

伊コミサ社 アルミ複合ポリ管市場へ本格参入

イタリアの有力パイプメーカー、コミサ社(ロンバルディア州ブレシア県ピゾーニェ)はこのほど、わが国のア

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑