来年度のポンプ受注4.2%増へ 産業機械全体では4.2%増予測

公開日: : 業界ニュース

日本産業機械工業会はこのほど、2017年度の産業機械受注見通しについて、ポンプは前年度比4.2%増の3684億9500万円を予測した。内需では老朽化したインフラの修繕・更新などが底固く推移するとして2.5%増、外需はオイル・ガス関連需要が増加するとして10.0%増を見通した。産業機械全体では4.2%増の5兆6282億円を見通している。タンクの内需を除き全12機種とも内外需ともに増加する見通し。

2017年度 産業機械受注見通し

ポンプの17年度受注見通しは、内外需合わせて前年比4.2%増の3684億9500万円の見通しとした。

内需は、2.5%増の2784億7800万円。老朽化したインフラの修繕・更新などが底固く推移するとともに、オリンピック関連設備の整備などに伴う需要が増加するとみている。外需は10.0%増の900億1700万円。原油価格の持ち直しによりオイル&ガス関連の需要が増加に転じ、また、発電・化学プラントや水インフラ関連の需要増により、アジアや中東、北アメリカ、南アメリカなどが増加すると見込む。

16年度受注見込みについては、前年度比2.5%減の3535億1800万円とした。内需(2716億8500万円、前年度から横ばい)は、「はん用.生産用」「自動車」「電力」が増加しているものの、「鉄鋼」「電気機械」「情報通信機械」が減少していることから受注金額としてはほぼ前年度並みを見込む。

外需(818億3300万円、10.0%減)は、アジア、中東の減少で振るわなかった。

一方、産業機械全体の17年度受注見通しは、前年度比4.2%増の5兆6282億7700万円を予測した。

内需は、3.2%増の3兆8286億9600万円。IoT、ビッグデータ、AIなどの第四次産業革命を活用し、新たな製品技術や生産技術を導入するための設備投資が堅調に推移する見通しとしている。また、自動化・生産性向上ニーズの高まりを背景にした省エネ・省力化投資、環境負荷低減を図る再生可能エネルギーや高効率発電設備の導入などが受注を支えるとみている。

うち、官公需は、インフラの老朽化対策に加え、オリンピック関連設備の整備などが本格化し前年度を上回ると見込んでいる。

外需は、6.6%増の1兆7995億8100万円。原油価格の持ち直しにより、オイル&ガス関連の投資が昨年度を底として増加していくものとみている。また、エネルギー・環境関連などの社会インフラ整備についても新興国を中心に需要が高まっており、産業機械業界が様々な分野で経済成長に貢献していくことで増加していくと見込んでいる。さらに、自動車産業を始めとする日本の製造業が、拡大する海外需要に対し地産地消を進め、海外工場の能力増強などに関する需要が増加していくとみている。

16年度の受注見込みは、前年度比1.1%減の5兆3994億6000万円にとどまる見込み。内需は、2.3%増の3兆7112億5600万円。民需は、「非鉄金属」「金属製品」「自動車」「電力」「卸売・小売」が増加しているものの、「紙・パルプ」「石油製品」「鉄鋼」「電気機械」「情報通信機械」「造船」「建設」「運輸.郵便」が減少していることから前年度実績を若干下回ると見込んでいる。

官公需は、「ボイラ.原動機」「化学機械」「送風機」「その他機械(ごみ処理装置)」が増加していることから前年度実績を上回ると見込む。

外需は、7.8%減の1兆6882億400万円と落ち込む見込み。アジアが増加しているものの、中東、ヨーロッパ、南アメリカ、オセアニアが減少している。

管材新聞 2017年4月5日 第1698号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

4月新設住宅着工、5カ月ぶり減 持家7カ月連続増ながら分譲住宅9カ月ぶり減 貸家8カ月連続減

国土交通省が発表した4月の新設住宅着工戸数は、前年同月比5.7%減(5カ月ぶり減)の7万9389戸と

記事を読む

00542219 アイコン

フローバル 絶縁工具セット販売開始

継手・バルブ・ホース金具など配管部品専門商社のフローバルはこのほど、電設工事作業で使用頻度の高い絶縁

記事を読む

管材新聞 アイコン

第一環境、アズビル金門など4社、新技術「LPWA」よる自動検針開始

第一環境、アズビル金門、KDDI、京セラコミュニケーションシステムの4社は、「Sigfox 自動検針

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年上期工場立地 件数、面積とも増加 件数は3年前水準まで回復

2017年上期(1~6月期)の「製造業等」の全国工場立地件数は前年同期比9%増加し、立地面積

記事を読む

昨年度建築物リフォーム 2年連続で減少 住宅分野は微増

昨年度建築物リフォーム 2年連続で減少 住宅分野は微増 国土交通省がこのほどまとめた2018年

記事を読む

管材新聞 アイコン

大企業の行動意識 国内の有形固定資産投資に注力

日本政策投資銀行は、大企業の全国設備投資計画調査に付随して「広義の投資」についての企業行動の意識調査

記事を読む

管材新聞 アイコン

来年度建設投資2.7%減へ 民間住宅微増、非住宅横ばい

2019年度の建設投資額は18年度(見通し)比2.7%減少するという予測が出された。建設経済研究所が

記事を読む

管材新聞 アイコン

ノーリツ 米ボイラーメーカーを買収

ノーリツは1月8日、米国のガス・石油ボイラーメーカーPB Heat, LLC(以下「PBH」)を買収

記事を読む

管材新聞 アイコン

配管工は1.7%不足 8職種全体傾向は75カ月連続不足 9月の建設労働需給

国土交通省がまとめた9月の建設労働需給調査結果によると、配管工の過不足率は前月(0.9%不足)から0

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年機械工業 前年比1.7%増 ポンプ2.8%増加

2018年の機械工業生産額(経済産業省生産動態統計)は、67兆296億円と前年を1.7%上回り、2年

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑