18年度の産業機械受注 内需・外需とも伸びて5.4%増の5兆6826億円見通し ポンプは五輪需要などで5.0%増

公開日: : 業界ニュース

日本産業機械工業会はこのほど、2018年度の産業機械受注を内外需合わせて前年度比5.4%増の5兆6826億円と見通した。内需は、民需の緩やかな回復が持続するとみて2.1%増、外需はオイル&ガス関連の受注環境が改善しつつあるとして12.4%増を見込んでいる。

18年度受注のうち、内需は、前年度比2.1%増の3兆7729億2500万円を見通している。民需では、省エネ・省力化投資やIoT、ビッグデータ、AIなどの第四次産業革命を活用するための投資が増加するとみている。

また、液晶・半導体、自動車関連やそれらの関連産業のほか、ネット通販拡大などを背景にした流通・物流分野など、幅広い業種で継続されていくものとしている。一方、低炭素社会構築に貢献する再生可能エネルギーの導入や高効率発電設備への更新なども引き続き緩やかに増加していくものとみている。

官公需は、ウェイトの大きいごみ処理装置の更新需要が高水準を維持するものの一服感が出るとみて、前年度を若干下回るものと見通している。

外需は、12.4%増の1兆9096億4400万円と好調な伸びを見通している。オイル&ガス関連の受注環境は改善しつつあるほか、大型プロジェクトの再開に加えて、下流部門などの中小規模プロジェクトについても増加していくものとみている。

また、低炭素化への潮流が強まる中、エネルギー効率向上や環境負荷低減など環境性能に優れた日本の産業機械のニーズはさらに広がっていくと予測。さらに、日本製造業の海外工場の能力増強のほか、人件費高騰などを背景とした製造現場の自動化・効率化などに関する需要も増加していくものとみている。

ポンプの受注は、内外需合わせて前年度比5.0%増の3878億2300万円を見通している。うち、内需は5.0%増の2939億9500万円。工場設備や老朽インフラの更新需要の増加のほか、首都圏を中心としたオリンピック関連設備の整備の活発化などにより堅調な伸びを見通している。

外需は5.0%増の938億2800万円。オイル&ガス関連の需要の緩やかな回復に加え、発電・化学プラントや水インフラ関連の需要も増加していくとみている。

このほかの機種では、「その他」を除く11機種が伸びると見通され、落ち込みが予想されているのは「鉱山機械」の外需(10%減)。

一方、17年度の産業機械受注は、前年度比5.8%増の5兆3918億5800万円を見込んでいる。内需は6.8%増の3兆6935億8800万円。うち民需は「食品」「繊維」「紙・パルプ」「窯業土石」「鉄鋼」「はん用・生産用」「業務用機械」「情報通信機械」「自動車」「建設」「運輸・郵便」が増加していることから、前年度実績を上回ると見込む。官公需も「化学機械」「ポンプ」「送風機」「運搬機械」「その他機械(ごみ処理装置)」の増加により前年度実績を上回ると見込む。

外需は3.8%増の1兆6982億7000万円を見込んでいる。アジア、アフリカ、オセアニアが増加していることから前年度比増を見込む。

17年度のポンプは、内外需合わせて前年度比6.2%増の3693億5500万円を見込んでいる。内需は5.0%増の2799億9500万円。「非鉄金属」「情報通信機械」「建設」各業種と官公需、代理店の増加により堅調な伸びを見込む。

外需もアジアの増加が押し上げるとして10.0%増の893億6000万円を見込んでいる。

管材新聞 2018年3月14日 第1732号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

17年大手建設50社受注 小幅ながら8年連続増

国土交通省がまとめた2017年(1~12月)の建設大手50社の工事受注総額は、前年比0.6%増の14

記事を読む

管材新聞 アイコン

アズビル金門・三好不動産・NTT西日本 検針業務の「LoRaWANTM」有用性検証

アズビル金門、三好不動産、西日本電信電話九州事業本部は5月1日、LPWAネットワーク「Fukuoka

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年上期工場立地 件数、面積とも増加 件数は3年前水準まで回復

2017年上期(1~6月期)の「製造業等」の全国工場立地件数は前年同期比9%増加し、立地面積

記事を読む

和式トイレ

学校のトイレ 和式、まだ半数以上 築30年以上では7割超え

TOTOなど6社で活動する、学校のトイレ研究会が実施した全国の公立小・中学校5000校の教職

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度第2四半期 リフォーム受注低迷 住宅「給排水設備」堅調

国土交通省がこのほどまとめた2018年度第2四半期(18年7~9月)の建築物リフォーム・リニューアル

記事を読む

管材新聞 アイコン

今年度設備投資計画 大企業で4年連続増加

日本政策投資銀行がまとめた全国設備投資計画調査結果(資本金10億円以上の大企業、6月調査)によると、

記事を読む

管材新聞 アイコン

「鋼管技術研究会」設立

JFEスチール、JFE継手、シーケー金属、第一高周波工業、リケン、レッキス工業の6社はこのほど、配管

記事を読む

管材新聞 アイコン

全管協 「優良事業者認定制度」発足 第1回認定申し込み受付開始

国内唯一の全国規模の管洗浄業界団体として管洗浄業の認知と技術向上をめざしている、全国管洗浄協会(全管

記事を読む

「TOTO 新商品」 10万円切るウォシュレットにもノズル除菌機能

TOTOはノズル除菌機能を搭載した新「ウォシュレットS」を8月1日に発売する。希望小売価格は

記事を読む

管材新聞 アイコン

14年度末下水道整備状況 全国平均77.6%、整備人口61万人増加

国土交通省がこのほどまとめた2014年度末(昨年3月末)の全国下水道処理人口普及率(下水道普及率)は

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑