来年度建設投資2.7%減へ 民間住宅微増、非住宅横ばい

公開日: : 業界ニュース

2019年度の建設投資額は18年度(見通し)比2.7%減少するという予測が出された。建設経済研究所が「建設経済モデル」を用いて見通したもの。18年度の前年度比1.2%増から減少に転ずる。民間建設投資は住宅分野で新設住宅の減少により1.0%減少し、非住宅分野で前年度水準をほぼ維持する。政府建設投資が前年度から減少幅を広げ、建設投資全体として縮小局面に入る。

同研究所の調査は四半期ごとに行っているもので、今回調査は今年4~6月期のQE(四半期別国民所得統計2次速報)を踏まえて予測した。

それによると、19年度の建設投資額は、民間非住宅投資が横ばいを維持するが、同住宅投資が微減するほか、政府建設投資も一段と減少し、全体で前年度比2.7%減の55兆1500億円と予測している。

19年度の「政府投資」は6.1%減の21兆4300億円と予測。18年度(前年度比0.9%減見通し)から減少幅が広がる。19年度予算の各省概算要求の内容を踏まえ、前年度当初予算比横ばいとして推計し、また、17年度の補正予算の政府投資について一部出来高の実現を想定したうえで、前年度比減少を予測したとしている。

19年度の「民間住宅投資」は、1.0%減の16兆700億円を予測。持家、貸家、分譲住宅すべてで着工減が見込まれ、住宅着工戸数は前年度比3.6%減の92万9300戸を見通している。

「持家」は、18年度の駆け込み需要後の反動減が発生すると考えられるため、6.1%減の27万5000戸と予測する。

「貸家」は、状況に大きな変化は見込まれないが、昨今の低調が改善される要因もなく、2.3%減の39万5000戸と予測する。

「分譲住宅」については、マンションは状況に大きな変化は見込まれないとし、戸建ては引き続き開発は進んでいくと考えられるものの、駆け込み需要後の反動減が発生すると考えられるため、2.1%減の25万2600戸と予測する。

19年度の「民間非住宅投資」は全体の建築着工床面積が前年度から横ばいと考えられ、「建築」投資は0.4%増、「土木」投資は横ばい、全体で0.2%増の17兆6100万円とみている。

「事務所」は、大都市圏を中心とした大型再開発プロジェクトの竣工が続くことから事務所の新規供給が予定され、今後も新たなオフィスビルの着工が見込まれるとし、着工床面積は引き続き堅調に推移するとみている。

「店舗」は、着工床面積は14年度以降、毎年減少を続けており、直近の大規模小売店舗立地法による届出状況も新設件数、面積ともに前年同期比減で推移しており、着工床面積は減少するとみている。

「工場」は、17年度が着工床面積、受注額とも前年同期を上回っており、堅調に推移している。今後も製造業、非製造業ともに生産能力増強などに向けた投資が牽引し、広範な業種で投資が増加すると予想され、着工床面積は増加傾向で推移する見通しであるとしている。

「倉庫」は、東京・関西圏を中心とした高速道路などの交通インフラの整備進展に伴い、eコマースなどの利用拡大を背景とした高機能・マルチテナント型物流施設の着工床面積は引き続き堅調に推移するとみている。

なお、18年度の建設投資は前年度比1.2%増の56兆6700億円と見通している。「政府投資」は0.9%減の22兆8300億円となるものの、「民間住宅投資」は1.5%増の16兆2300億円、「民間非住宅投資」は3.6%増の17兆6100億円と堅調に推移し、全体を支える。

「民間住宅投資」では新設住宅着工件数は前年度比1.8%増の96万3500戸を見通している。「持家」は4.0%増の29万3300戸、「貸家」は1.3%減の40万4900戸、「分譲」は3.9%増の25万8100戸とみている。

「民間非住宅投資」のうち「建築投資」は1.5%増と見通し、「土木投資」は土木インフラ系企業の設備投資が堅調に推移するとみて8.2%増を見通している。

管材新聞 2018年12月5日 第1757号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

今年度設備投資計画 大企業で4年連続増加

日本政策投資銀行がまとめた全国設備投資計画調査結果(資本金10億円以上の大企業、6月調査)によると、

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年ポンプ7.5%減 民需微増も官公需低迷 外需は大幅減少

日本産業機械工業会がまとめた2016年(1~12月)の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注

記事を読む

バルブの日 アイコン

日本バルブ工業会 「バルブの日」中心にバルブの重要性アピール

日本バルブ工業会は、バルブ産業の地位向上をめざして3月21日を「バルブの日」に制定し、広く一

記事を読む

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana(サザナ)』をフルモデルチェン

記事を読む

管材新聞 アイコン

大企業の行動意識 国内の有形固定資産投資に注力

日本政策投資銀行は、大企業の全国設備投資計画調査に付随して「広義の投資」についての企業行動の意識調査

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度建機出荷額8.2%増で過去最高 内需3年ぶり増、外需2年連続増 油圧ショベル・ミニショベルとも増加

日本建設機械工業会がまとめた2018年度の建設機械出荷額は、前年度比8.2%増の2兆8073億円で、

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 北海道の物流センター稼働

MonotaRO(モノタロウ)は1日、道央札幌郵便局・札幌物流ソリューションセンター内に「北海道ディ

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年の白物家電出荷金額 2年連続増の2.0%増ルームエアコンは6%増

日本電機工業会(JEMA)が1月24日明らかにした2017年(暦年)電気機器の生産実績のうち、民生用

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 防藻・耐圧ホース PB商品で低価格を実現

工業用間接資材通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)は、ポリ塩化ビニル製の防藻層が、ホース内

記事を読む

管材新聞 アイコン

14年度設備工事受注 4年連続の増加 民間「管工事」堅調

国土交通省がまとめた2014年度の設備工事3業種(電気・管・計装工事の各主要20社)の受注額は、前年

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑