建機需要 19年度微増、20年度減少予測 19年度は国内増、輸出減

公開日: : 業界ニュース

日本建設機械工業会(建機工、会長小川啓之氏)は8月27日、建設機械需要の2019年度および20年度予測(本体出荷金額)をまとめ、発表した。それによると、19年度は旧型機需要反動減解消で国内が増加、輸出はアジア需要減で減少し、20年度は設備投資・住宅投資低迷により国内が減少、輸出も減少するとみている。

建機工の需要見通しによると、19年度は前年度比ごく微増の2兆4514億円を見込み、20年度は2%減の2兆4026億円を予測している。19年度は今年2月末時点の見通しを下回り、20年度は減少するが、過去最高値(07年度、2兆4426億円)に迫る水準が続くと予測している。
工業会が発表した会員社対象のアンケート結果では、国内の市場環境予測(年度)は①公共投資=19年度下期は「増加」22%、「横ばい」66%、「減少」12%、20年度は下期にかけて「減少」の割合が増す②民間設備投資=2カ年度通じて「横ばい」が大勢を占めるも19年度下期から「減少」の見方が強まる③住宅投資=19年度下期から「増加」の見方がなくなり、20年度上期は「横ばい」と「減少」が拮抗、下期に「横ばい」回答の割合が上昇――であり、海外需要(暦年)については①北米=「横ばい」が大勢を占めるが20年は「減少」の見方が強まる②欧州=北米同様「横ばい」が大勢を占めるが20年は「減少」の見方が強まる③中国除くアジア=19年は「横ばい」が大勢を占め、20年は「増加」の見方が増える④中国=19年は「横ばい」が半数を占めるが20年は「減少」の見方が「増加」を大きく上回る――と会員社はみている。

【国内出荷】
①19年度=上期見込4255億円(10%増)/下期予測4773億円(1%増)/通期予測9028億円(3%増、2年連続増)。一部機種の2014年次排ガス規制生産猶予期間終了にともなう旧型機駆け込み需要の反動減の影響がなくなることにより、油圧ショベル(21%増)はじめ全機種が増加すると見込むが、下期は消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動減が想定され、通期では微増にとどまる。
②20年度=上期予測4076億円(4%減)/下期予測4676億円(2%減)/通期予測8752億円(3%減)。安定した建設投資が継続するとみられる一方、設備投資および建設投資の減少が予測され上期の減少を予測し、通期でも3年ぶりに減少するとみる。

【輸出】
①19年度=上期見込7534億円(1%減)/下期予測7952億円(3%増)/通期予測1兆5486億円(2%減増、3年ぶり減)。上期は北米と欧州は引き続き堅調に推移するが、アジアおよびオセアニアの需要減少により5機種が減少し減少を見込み、下期も上期同様に欧米堅調・アジアの需要減が続くと見込んで減少を予測し、通期でも減少を見込む。
②20年度=上期予測7418億円(2%減)/下期予測7856億円(1%減)/通期予測1兆5274億円(1%減、2年連続減)。引き続き北米を中心に堅調に推移すると予測するものの、通期で2年度連続減を見込む。

建機工は需要予測時に、油圧ショベルとミニショベルの生産と出荷について海外と国内の比率をまとめ公表している(調査対象各10社。台数ベース、暦年)。それによると、油圧ショベルの状況は▽19年度予測=海外生産43対国内生産57/海外出荷82対国内出荷18、▽20年予測=45対55/82対18、ミニショベルは▽19年予測=19対81/78対22、▽20年予測=18対82/77対23となっている。

小川会長は、本体出荷金額が4年度連続の2兆円超の水準となると予測し、補給部品(直近5年度の平均値3031億円と試算)を含めた予測値では18年度実績(2兆8073億円、うち補給部品3575億円)を下回るものの、それ以前のピークだった2007年度(2兆6757億円)並みの水準を維持すると話している。

管材新聞 2019年9月11日 第1784号より抜粋

PC

アウトレットセール

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

国交省 下請取引実態調査

国土交通省がこのほど公表した2016年度「下請取引実態調査」によると、建設工事を下請負人に発注したこ

記事を読む

日栄インテック アグリ・ビジネス・ジャパン

日栄インテック アグリ・ビジネス・ジャパンで植物工場などが注目

アグリ・ビジネス・ジャパン2017(アグリ・ビジネス・ジャパン実行委員会主催)が9月13~1

記事を読む

管材新聞 アイコン

「日本水大賞」募集中

日本水大賞委員会と国土交通省は、第21回「日本水大賞」を募集している。締め切りは10月31日。

記事を読む

管材新聞 アイコン

荏原 伯のポンプ企業買収 南米市場で事業拡大

荏原製作所はこのほど、ブラジルのポンプメーカーを買収したと発表した。南米市場でのポンプ事業拡大が狙い

記事を読む

日本レストルーム工業会 温水洗浄便座の操作パネルのピクトグラム

日本レストルーム工業会 トイレ操作パネルの標準ピクトグラムを策定 今年の新製品から導入

日本レストルーム工業会は1月17日、温水洗浄便座の操作パネルのピクトグラム(絵記号)を標準化したもの

記事を読む

管材新聞 アイコン

1月新設住宅着工、7カ月連続増 貸家・分譲住宅の増加続くも持家減少

国土交通省が発表した今年1月の新設住宅着工戸数は、前年同月比12.8%増(7カ月連続増)の7万649

記事を読む

管材新聞 アイコン

今年度設備投資計画 大企業で7年連続増加

日本政策投資銀行がこのほどまとめた大企業(資本金10億円以上)の全国設備投資計画調査結果(6月調査)

記事を読む

管材新聞 アイコン

バルブ工業会 「バルブフォト五七五」応募受付開始

日本バルブ工業会は「バルブは生活、産業を支える重要機器であり、一般の認識を高めたい」として毎年3月2

記事を読む

管材新聞 アイコン

2015年5月 ポンプ業界の動向

日本産業機械工業会(産機工)まとめの2014年度のポンプ受注額は、同上半期(前年同期比5%減)の低迷

記事を読む

管材新聞 アイコン

下水道全国データベースが稼働 国交省受託事業

国際航業、メタウォーター、日水コンの3社による共同企業体は、国土交通省から受託した下水道全国データベ

記事を読む

PC

アウトレットセール

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

アウトレットセール


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑