古林工業 鋼管製溶接継手を値上げ

公開日: : メーカー紹介, 業界ニュース

「FKK印溶接継手」の古林工業(本社・大阪市西成区)は、4月1日出荷分より鋼管製突合せ溶接式管継手について価格改定を実施する。

対象品種は、一般配管用鋼製突合せ溶接式管継手(JIS B2311)と配管用鋼製突合せ溶接式管継手(JIS B2312)で、15%以上の値上げとなる。

原材料である素材鋼管類の高騰だけでなく副資材・メッキ加工(亜鉛)・運送費及び燃料費が値上がりしており、昨今の働き方改革による人件費も製品価格を圧迫している。

同社では、鋼管製溶接式管継手を国内で生産する唯一のメーカーとして、状況を克服すべく生産の合理化や社内体制の見直しなどに取り組んできたが、企業努力だけでは原材料などの高騰分を吸収することが困難になったと判断、今回の値上げに踏み切った。

今後も「引き続き生産の合理化に注力するとともに、製品の安定供給体制の維持と品質の確保について努力していく」としている。

管材新聞 2019年2月27日 第1765号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

昨年の製造業工場立地 リーマンショック後2番目の高水準

経済産業省がまとめた2017年(1~12月)の「製造業等」(製造業、ガス業、熱供給業)の工場件数は前

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年度 中小企業の設備投資 7年連続増加へ

中小企業で2017年度に国内設備投資を計画(17当初)する企業の割合は、16年度の当初計画(16当初

記事を読む

管材新聞 アイコン

TOTO「トイレ川柳」募集中

TOTOは、第13回「トイレ川柳」を募集している。締め切りは8月16日。最優秀賞のネオレスト賞1句に

記事を読む

管材新聞 アイコン

11月新設住宅着工、5カ月連続増 持家・貸家の増加続くも分譲住宅減少

国土交通省が発表した11月の新設住宅着工戸数は、前年同月比6.7%増(5カ月連続増)の8万5

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年度設備投資計画 大企業で6年連続増加

日本政策投資銀行がまとめた大企業(資本金10億円以上)の全国設備投資計画調査結果(6月調査)によると

記事を読む

管材新聞 アイコン

LIXIL インドの衛生陶器メーカーを買収

LIXIL(東京都千代田区)は1月25日、成長著しいインド市場およびグローバル全体におけるサプライチ

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年度設備工事受注 やや回復 2.7%増 「管工事」8年連続増

国土交通省がこのほどまとめた2017年度の設備工事3業種(電気・管・計装工事の各主要20社)の受注額

記事を読む

管材新聞 アイコン

TOTO 和風大便器・単水栓等10%値上げ 4月1日受注分から

TOTOは、和風大便器、壁掛洗面器、単水栓・2ハンドル混合水栓およびアクセサリー等の一部品番について

記事を読む

管材新聞 アイコン

超高層マンション 建設・計画約10.6万戸

全国で建設・計画されている超高層マンション(20階建て以上)は約10.6万戸あることが不動産経済研究

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度アルミ圧延品需要 管材関連の押出類は微増

日本アルミニウム協会はこのほど、2018年度のアルミニウム圧延品需要概況をまとめた。 押出類は

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑