国交省 公共工事労務単価 平均4.1%引き上げ 7年連続の上昇 配管工は4.2%上昇

公開日: : 業界ニュース

国土交通省はこのほど、3月から適用の公共工事設計労務単価を全職種加重平均(1万9392円)で昨年3月比4.1%引き上げた。労務単価は2013年4月に過去最大の引き上げ(前年度比15%アップ)を行って以降、7年連続で引き上げられ、平均値の公表を開始した1997年度(1万9121円)を上回って最高値となった。「配管工」は全国平均で4.2%引き上げられた。同省では建設技能者の賃金改善をテコに人手不足解消、若年技能者の入職を促す。

公共工事設計労務単価は公共工事などに従事する建設労働者の基準賃金。国交省、農林水産省が所管する公共工事に従事した労働者に対する賃金支払い実態調査に基づき設定するもので、公共工事の工事積算に適用される。ただ、下請契約での労務単価や雇用契約での労働者への支払い賃金を拘束するものではない。今回の新労務単価は昨年10月の調査結果に基づき設定された。

建設業界は、景気回復に伴う受注増に東日本大震災復興需要、東京五輪関連需要が加わって技能労働者の不足が深刻化している。原因は、長期建設不況により他業界に比べて賃金が低く抑えられ、小規模企業では社会保険(雇用・健康・厚生年金)未加入業者が多いこともあって若年労働者の入職率が低下し続けてきたことが指摘されている。

国交省は、建設業への人材確保に向けて待遇改善、社会保険加入促進を図るため、13年度(13年4月)に労務単価を大幅に引き上げたあと、今回を含め7回にわたり引き上げが実施された。

今回から労務費の積算への影響の推移を測るのに適する加重平均(都道府県別・職種別の単価を標本数により重み付けした平均)の新単価が公表された。それによると、3月から適用する新労務単価は全職種・全国平均で昨年3月比4.1%アップの1万9392円で、7回の引き上げ前の12年度に比べ48%上昇した。東日本大震災被災3県(岩手・宮城・福島)の全職種平均は同3.5%アップの2万1105円となった。

設備3業種(配管・ダクト・保温)をみると、「配管工」の労務単価は、97年度の1万9655円をピークに下落を続け、12年度はピークの76%の水準にまで下落、過去10年間で最低となっていた。13年度で一挙に前年度比13%増へ、さらに14年2月5.7%、15年2月1.1%、16年2月1.3%、17年3月4.1%、18年3月2.4%それぞれ上昇し、今回は4.2%引き上げられて2万168円と、2万円台に乗せた。

今回は、沖縄(前年度比10.4%増)を筆頭に九州地区(8県平均8.8%増)と、北関東・関東・信越地区の引き上げ幅が全国平均より高い。前年度に引き上げ幅が大きかった北海道・東北地区については今回は全国平均を下回り、近畿地区も上昇幅1%前後と低い。一方、前年度に下落した中部、四国両地区は小幅ながら引き上げられた。

今回の改訂により、「配管工」で2万1000円超のところは岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、富山、石川、静岡、愛知、三重の18都県で、前年度の4都県から大きく増えた。逆に低水準の1万9000円未満は兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛、高知、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄など西日本に偏っている。

空調配管工事の「ダクト工」の全国平均は1万9890円で、昨年3月比4.2%上昇した。ダクト工の単価は関東、中部、近畿地区が相対的に高く、九州地区が低い。配管保温保冷工事の「保温工」は2万1935円で、同4.4%上昇した。保温工の単価は関東で高く、中国、九州で低い。なお、「ダクト」については四国4県で、「保温保冷工」については四国4県と沖縄県でそれぞれ十分な有効標本数が確保されなかったため、新労務単価は設定されていない。

管材新聞 2019年3月20日 第1767号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

DIYショウ開催告知

日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会は、来年8月24日~26日の3日間、幕張メッセ国際展示場5・6・7・

記事を読む

管材新聞 アイコン

10月度産業機械 ポンプ受注15.0%増 民需・官公需・外需とも増 産業機械全体では3カ月ぶり増

日本産業機械工業会がまとめた10月の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注額は、前年同月比1

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年の環境産業市場規模 過去最大の104兆円 経済・雇用への影響増大

環境省はこのほど、環境産業の市場規模・雇用規模などの推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模

記事を読む

建築設備 配管工事読本 アイコン

日本工業出版 空衛設備技術者必携の書「建築設備 配管工事読本」発刊

日本工業出版はこのほど、「建築設備 配管工事読本」を発刊した。 ▼建築設備 配管工事読本

記事を読む

管材新聞 アイコン

企業景況見通し 大・中堅で「上昇」、中小は「下降」

内閣府・財務省の第59回法人企業景気予測調査(調査時点2018年11月15日)によると、足元(10~

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年度伸銅品需要 当初見通し下方修正 銅管は4.6%減と低調

日本伸銅協会はこのほど、2015年度の伸銅品需要(生産)について当初の前年度比微増予想を下方修正し、

記事を読む

管材新聞 アイコン

第54回技能五輪全国大会 関根選手(東京・西原工事)が優勝、厚労大臣賞獲得 配管職種に58選手が参加

第54回技能五輪全国大会が、10月21日から24日の4日間、チェリーナさがえ(山形県寒河江市)で開催

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度第2四半期 エアコン出荷微増

日本冷凍空調工業会がこのほど発表した2016年度第2四半期(7~9月)の冷凍空調機器国内出荷実績(台

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウと住友商事 中国でMROネット通販開始

MonotaRO(モノタロウ)と住友商事は、中国で事業者向け産業用間接資材のインターネットによる通信

記事を読む

管材新聞 アイコン

癒しのトイレ研究会 トイレの安全対策など学会で発

TOTO、ダイキン工業など6社で構成する「癒しのトイレ研究会」は、11月21・22日両日に東京ビッグ

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑