6月度産業機械 ポンプ受注13.9%増 製造業・官公需・外需増、非製造業減

公開日: : 業界ニュース

産業機械全体では3カ月連続減

日本産業機械工業会がまとめた6月の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注額は、前年同月比13.9%増の354億6500万円であった。製造業が39.7%増、非製造業8.6%減で民需は7.3%増、官公需が14.8%増で内需は15.9%増(代理店は28.9%増)、外需は8.8%増で全体では3カ月連続増だった。

ポンプの動向を需要部門別にみると、民需は7.3%増の81億1800万円だった。製造業は39.7%増の32億9600万円、非製造業が8.6%減の48億2200万円だった。官公需は14.8%増の94億3500万円。
民需と官公需、代理店(82億1700万円、28.9%増)を合わせた内需合計は15.9%増の257億7000万円。民需で増加した品目・業種は17業種だった。
業種別の受注動向をみると、民間製造業で増加したのは17業種中12業種。受注額が大きい業種では「化学工業」が110.3%増(約2.1倍)、「石油・石炭」は63.6%増、「鉄鋼業」19.6%増、「情報通信機械業」27.6%増だった。「造船業」は18.4%増、「その他製造業」は3.8%増だった。

民間非製造業は受注額が大きい「卸.小売業」が全減に近い97.8%減、「運輸業.郵便業」42.5%減、「電力業」122.0%増(約2.2倍)、「その他非製造業」10.1%減で全体で8.6%減であった。「建設業」は89.5%増の1億800万円だった。

官公需は「運輸業」380.0%増(4.8倍)、「防衛省」37.8%減、「国家公務」23.8%増、「地方公務」4.6%増、「その他官公需」52.5%増で官公需全体では14.8%増だった。代理店は28.9%増の81億1700万円で内需全体では15.9%増の257億7000万円だった。
外需は8.8%増の96億9500万円で、全体では354億6500万円(13.9%増)だった。
一方、ポンプを含む産業機械全体の受注額は、21.4%減の3887億9000万円で、3カ月連続減だった。増加4機種.減少8機種だった。

内需は21.8%減の2644億9400万円。内訳は、製造業向けが13.9%増、非製造業向けが51.3%減、官公需向け28.7%減、代理店向けが11.2%増。
増加機種は「鉱山機械」(10.0%増)、「化学機械」(4.6%増)、「タンク」(78.1%増)、「ポンプ」(15.9%増)、「金属加工機械」(114.9%増、約2.1倍)の5機種、減少7機種は「ボイラ・原動機」(41.6%減)、「プラスチック加工機械」(41.3%減)、「圧縮機」(3.7%減)、「送風機」(3.6%減)、「運搬機械」(43.1%減)、「変速機」(11.8%減)、「その他機械」(33.8%減)だった。

外需は20.4%減の1242億9600万円。プラント案件は5件.96憶300万円(前年同月比67.6%減)だった。
増加した機種は「ボイラ・原動機」(0.1%増)、「プラスチック加工機械」(12.2%増)、「ポンプ」(8.8%増)、「送風機」(55.3%増)、「その他機械」(59.2%増)の5機種、減少したのは「鉱山機械」(65.6%減)、「化学機械」(40.3%減)、「タンク」(42.3%減)、「圧縮機」(12.8%減)、「運搬機械」(21.5%減)、「変速機」(47.5%減)、「金属加工機械」(54.2%減)の7機種だった。
内需と外需を合わせた機種別動向で増加した機種は「タンク」(38.5%増。「石油.石炭」の増加による)、「ポンプ」(13.9%増)、「送風機」(2.2%増。「化学」「電力」、外需の増加による)、「金属加工機械」(36.7%増。「鉄鋼」の増加による)の4機種だった。

ほか8機種が減少し「ボイラ・原動機」(32.8%減。「電力」の減少による)、「鉱山機械」(0.4%減。「鉱業」が増加したものの、外需の減少により減少)、「化学機械」(23.3%減。外需の減少による)、「プラスチック加工機械」(16.7%減。「自動車」「その他製造業」の減少による)、「圧縮機」(8.1%減。「化学」「はん用・生産用」、官公需、外需の減少による)、「運搬機械」(36.2%減。「電力」の減少による)、「変速機」(19.6%減。「はん用・生産用」、外需の減少による)、「その他機械」(15.0%減)だった。

管材新聞 2019年9月11日 第1784号より抜粋

PC

アウトレットセール

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

キャタピラー 燃費補償キャンペーン

キャタピラー 燃費補償キャンペーン継続

キャタピラーは、昨年4月にスタートした「燃費保証キャンペーン」を18年12月末まで引き続き実

記事を読む

管材新聞 アイコン

TOTO中経営計画「WILL2022」を策定 経営とCSRの一体化推進 22年度に売上高7200億円・営業利益800億円目指す

TOTOは10月30日、経営とCSRの一体化のさらなる推進を図り、2022年度に売上高7200億円、

記事を読む

スイスイ

下水道展‘16名古屋開催

下水道事業に関連する幅広い分野の最新技術・機器を紹介する「下水道展‘16名古屋」(主催・公益

記事を読む

TOTO 第12回「トイレ川柳」大募集 テーマは「世界に自慢したくなる日本のトイレ」

TOTOはこのほど、第12回「トイレ川柳」の募集を開始した。締め切りは8月31日。最優秀賞に

記事を読む

管材新聞 アイコン

日商調べ 中小の設備投資意欲増大

日本商工会議所が5月の早期景気観測(LOBO)調査に付帯して会員中小企業に行った「2017年度設備投

記事を読む

管材新聞 アイコン

鋳鋼20カ月連続減・鍛鋼11カ月連続減 日本鋳鍛鋼会まとめ5月生産実績

日本鋳鍛鋼会がまとめた5月の鋳鋼・鍛鋼生産速報によると、鋳鋼(全国74工場)の生産量は前年同月比5.

記事を読む

〈日邦バルブ①〉日邦バルブ135周年

日邦バルブ(本社・長野県松本市、社長菅原博氏)は創業135周年を超えた。 明治16年に、初代中

記事を読む

管材新聞 アイコン

中小企業の設備 投資意欲減退局面へ

商工組合中央金庫の今年1月時点の「中小企業設備投資動向調査」で2016年度に国内設備投資を計画(16

記事を読む

管材新聞 アイコン

イシグロ 沖縄の「協同バルブ商事」グループ会社化

配管機材専門商社のイシグロはこのほど、協同バルブ商事から事業譲渡を受けることで合意に達したと発表した

記事を読む

管材新聞 アイコン

中小製造業の投資意欲 昨春より増大傾向

日本政策金融公庫(日本公庫)がこのほどまとめた中小製造業設備投資動向調査結果によると、2018年度に

記事を読む

PC

アウトレットセール

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

アウトレットセール


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑