パイプの歴史

公開日: : 配管とは

下川義雄氏の『日本鉄鋼技術史』(アグネ技術センター)によると、日本で初めて鋼管が作られたのは1905(明治38)年のこと。呉工廠が製造した艦艇装備用のものでした。その後、1912年に日本鋼管(現JFEスチール)が設立されて国産鋼管の製造が始まり、第1次世界大戦で輸入品が途絶えたことにより、急速に国産品による代替が進みました。

当時の給水管は3インチ以上は鋳鉄管、それより小径のものは鉛管が用いられていました。鋳鉄管は1890年代に国産化が始まり、明治末期にはほぼ国産品で代替されていました。鋳鉄管メーカーには、1887年創業の釜石鉱山田中製鉄所(現新日鐵住金釜石製鐵所)、1889年創業の久保田鉄工所(現クボタ)、1893年創業の永瀬鉄工所、1906年創業の栗本鐵工所など、今も大手として存続するメーカーがありました。また鉛管メーカーとしては、1884年創業の古河電気工業、1892年創業の泉鉛管製造所、1899年創業の日本鉛管製造所などが製造を行いました。

排水管は、明治初期には手作り鉛管、銅管を用いていたものが、鉛管は特に高価だったことから徐々に鋳鉄管に代替され、また腐食に強いことから、陶管も多く使われ、横浜外国人居留地の下水道用に最初の国産陶管が使われました。1872年に常滑の鯉江方寿が、英国からの輸入品を参考に製造したものが初めての規格品かつ、初めての大量生産品でもありました。ただ、陶管は地震などで破損する欠点があり、より強固なものとしてレンガが採用されることもありました。1884年に築造された東京「神田下水」で、現在もほぼ昔の形のまま使用されています。一方、配管に銅管が使われたのは1923年、大阪医大附属病院で給湯用に使用されたのが始まりといわれています。水道用には、1932年に東京市水道局が、1937年に大阪市水道局が銅管を採用しています。

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

配管ってそもそもなに?

第1回目は「配管とはなにか」を掘り下げて考えてみたいと思います。 皆さんは「配管」と聞くと何を思い浮

記事を読む

管継手 アイコン

管継手の歴史

鉄管継手協会(現日本金属継手協会)発行の『鉄管継手』によると、今日の管継手の形式は、19世紀の産業革

記事を読む

バルブ アイコン

バルブの歴史

日本でも酒樽などにみられる栓はかなり古くから使われていたようですが、金属製のバルブがもたらされたのが

記事を読む

配管部材 アイコン

配管を構成する部材たち

配管は多くの部材を使って製作されます。パイプやホースには材質別に、金属管に鋳鉄、鋼、ステンレス鋼、銅

記事を読む

流体 アイコン

配管における流体とは何か

物体は通常、固体・液体・気体の3つに分類されますが、そのうち液体と気体には容易に変形するという性質が

記事を読む

歴史 アイコン

配管の歴史

世界各地の古代遺跡からはパイプやバルブの遺物が出土していますが、その起源について正確なことは明らかに

記事を読む

ホース アイコン

ホースの歴史

日本で最初に造られたホースはゴム製です。『ゴムのおはなし』(日本規格協会)によれば、1886年(明治

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑