学校のトイレ 和式、まだ半数以上 築30年以上では7割超え

公開日: : 業界ニュース

和式トイレ

TOTOなど6社で活動する、学校のトイレ研究会が実施した全国の公立小・中学校5000校の教職員へのアンケート調査によると、学校に設置されている和風便器の比率は、依然として半数以上を占め、築30年以上でトイレ改修をしていない学校は7割超であることが分かった。

「トイレ改修を希望していますか?」の設問に対し、回答したすべての学校(751校)では、「すぐにでも改修したい」、「数年以内には改修したい」が全体の約6割であるのに対し、築20年以上でトイレの改修をしていない学校は8割に迫った。

その理由を聞く設問では、「古くなった」が71%、「洋式化した」が68%で、ほかを大きく引き離した。

しかし、それらの学校の予算確保状況では、「まったくメドがたたない」(55.1%)、「一部しか対応できない」(13.1%)が合わせて約7割にのぼり、「十分可能」は4%に留まった。

管材新聞 2017年4月26日 第1700号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

塩ビライニング鋼管 公共建築工事標準仕様書掲載40年 依然高シェア、リサイクルでも成果

配管の調査研究を行っている配管システム研究所はこのほど、公共建築工事において塩化ビニルライニング鋼管

記事を読む

〈日邦バルブ②〉菅原社長インタビュー

新製品の戸別減圧弁ユニット「RVD―U」の開発の経緯・今後の取組み・展開ついて伺った。 ―今回

記事を読む

管材新聞 アイコン

アルミ協会 絵画コンクール入賞作品発表

日本アルミニウム協会は、昨秋から今年1月まで募集した「第6回『アルミと未来』絵画コンクール」の入賞作

記事を読む

管材新聞 アイコン

ポンプ動向記事 2016年8月

昨今、ポンプの生産高がやや伸び悩んでいるが、まだ緩やかな回復局面にあるとの見方が強い。経済産業省まと

記事を読む

管材新聞 アイコン

ポンプ動向記事 2016年3月

ポンプの景況が徐々に回復してきた。経済産業省集計のポンプ生産高をみると、ここ数年減少を続けていた生産

記事を読む

管材新聞 アイコン

水道管の耐震化 14年度末 全国平均36%

厚生労働省がこのほどまとめた2014年度末(15年3月末)時点の水道管耐震適合率は全国平均で36.0

記事を読む

TOTO 『おもてなしトイレ通信vol.3』発行 宿泊施設の水まわりを特集

TOTOはこのほど、宿泊施設の水まわりを特集した『おもてなしトイレ通信vol.3』を発行した

記事を読む

管材新聞 アイコン

日本バルブ工業会 「第2回学生バルブ論文コンテスト」の募集開始

日本バルブ工業会は、前回(2013年)開催した「学生懸賞論文コンテスト」を「第2回学生バルブ論文コン

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年上期管材生産 軒並み低調に推移

主要管材製品の2016年上半期(1~6月)の生産(経済産業省機械統計ほか)は大方の品種で前年実績を下

記事を読む

ポンプラザウルス

エンジニア ポンプラザウルス「経産省製造産業局長賞」受賞

エンジニアの水回り用プライヤー「ポンプラザウルス」が2018年日本DIY商品コンテスト「新商品部門」

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑