中小製造の設投意欲 やや上向き傾向

公開日: : 業界ニュース

日本政策金融公庫(日本公庫)がこのほどまとめた中小製造業設備投資動向調査結果によると、2017年度設備投資(17当初計画)は前年度(実績)比7.0%減となった。ただ、当初計画は控えめに立てられるケースが多いとされるほか、前年同時期に策定された16年度当初計画に対し1.5%の増加となっており、投資意欲は昨年度の年初に比べやや上向き傾向がうかがえる。

調査は経済産業省工業統計調査を基に3万社を対象に4月上旬に実施、1万181社の有効回答を得て分析した。それによると、17年度の設備投資当初計画(17当初)は16年度実績(16実績)に比べて7.0%減の2兆3317億円となった。

一方、「17当初」は前年同時期に策定した「16当初」に比べて1.5%の増加となっているほか、「16当初」が「15実績」比12.9%減と今回より減少幅が大きかったことをみると、昨年より今年の方が中小製造業の設備投資に若干の回復感が出ているとみられる。

業種別にみると、「17当初」が「16実績」を上回ったのは木材・木製品(42%増)、パルプ・紙(24%増)、プラスチック(11%増)、電気機器(8%増)、その他(3%増)の5業種。

業務用機械(42%減)をはじめ、印刷・同関連(24%減)、窯業・土石(22%減)、生産用機械(20%減)、食料品(16%減)、金属製品(11%減)、汎用機械(9%減)、輸送用機器(7%減)、鉄鋼(7%減)、非鉄金属(3%減)、繊維・繊維製品(1%減)、化学(1%減)の12業種は軒並み16実績を下回った。

設備投資の内容は、17当初では16実績に比べ、主力の「機械・装置」が1.2%減とほぼ同水準をキープし構成比(60.8%)はやや上昇した。「土地」は36.0%減、で構成比(4.0%)は低下、「建築・構築物」も9.1%減で構成比(27.6%)は低下した。

設備投資の目的は、17当初では16実績に比べて「更新・維持・補修」「省力化・合理化」投資などの構成比が上昇し、「能力拡充」「省エネ」投資などの構成比が低下、生産力増強などから補修.維持・合理化など守勢にシフトする傾向がみられる。

設備投資の16実績をみると、15実績比4.9%減の2兆5080億円にとどまった。15実績に比べ、食料品、業務用機械などが増加したものの、化学、その他、印刷.同関連、金属製品、生産用機械、汎用機械、鉄鋼、非鉄金属、電気機器、輸送用機械など14業種で減少した。
16実績の投資内容では主力の「機械・装置」が4%減となったほか、「建物・構築物」6%減、「土地」7%減「船舶・車両・運搬具等」6%減といずれも減少した。投資目的では「更新・維持・補修」投資の構成比(35%)が8年連続で最も高い割合となった。また、「能力拡充」投資の構成比(31%)が上昇した。

一方、今回の調査に付随して実施した「中小製造業のIoT関連設備投資の実施状況」によると、「すでに実施した」企業の割合は5%、「実施していないが予定はある」は6%とまだまだ少なく、「実施しておらず予定もない」は56%、「未定」も33%となっている。

投資対象の設備をみると「機械.装置」の割合が58%と最も高く、次いで「ソフトウェア・アプリケーション」(21%)、「情報通信機器」(14%)の順。

それらの投資効果(複数回答)では「生産工程の合理化・納期短縮」が66%と最多で、以下「生産量の増加」39%、「既存製品の品質向上」37%など。IoTに関連した設備投資の課題(複数回答)では「活用できる業務がわからない」が51%と最も多く、次いで「IoTを使う人材の確保・育成」(44%)、「売り上げ、経費などへの効果がわからない」(39%)と続く。

管材新聞 2017年7月5日 第1707号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

冬季は入浴事故にご注意! 住設でヒートショック予防の提案を

まもなく1年でもっとも寒い「大寒」を迎えるが、この時期に気をつけたいのがヒートショックによる入浴事故

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度上半期 輸出船の契約激減

日本船舶輸出組合がこのほどまとめた2016年度上半期(4~9月)の輸出船契約実績は約148万5000

記事を読む

管材新聞 アイコン

第54回技能五輪全国大会 関根選手(東京・西原工事)が優勝、厚労大臣賞獲得 配管職種に58選手が参加

第54回技能五輪全国大会が、10月21日から24日の4日間、チェリーナさがえ(山形県寒河江市)で開催

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年度末下水道普及率 全国平均78.8% 整備人口49万人増加

国土交通省がこのほどまとめた2017年度末(18年3月末)の全国下水道処理人口普及率は、前年度末比0

記事を読む

モノタロウ 市場価格の約半額「防じんマスクDS2」

通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)は、同社プライベート・ブランド商品の「防じんマ

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年上半期工場立地 件数、面積とも減少

2015年上半期(1~6月期)の「製造業等」の全国工場立地件数は前年同期比7%減、立地面積も12%減

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ カスタマイズ注文サービスを拡大

MonotaRO(モノタロウ)は、Webサイトでの注文時に仕様を選択できることで発注業務の効率化とコ

記事を読む

管材新聞 アイコン

9月新設住宅着工、7カ月連続増 持家・貸家各5カ月連続増、分譲住宅は再び減

国土交通省が発表した9月の新設住宅着工戸数は、前年同月比2.6%増(7カ月連続増)の7万7872戸と

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度ポンプ受注 省エネ志で4.3%増 官需・外需も堅調維持

日本産業機械工業会(産機工)はこのほど、2016年度の産業機械受注見通しを発表し、ポンプ受注について

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度上期 リフォーム受注27%増 管工事業は住宅で減少、非住宅で大幅増加

国土交通省がまとめた2016年度上半期(16年4月~9月)の建築物リフォーム・リニューアル工事受注額

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑