機械工業生産今年度好転見込む 72兆4347億円、2.3%増、ポンプ・送風機・圧縮機7.5%増

公開日: : 業界ニュース

2017年度機械工業生産額見通し

日本機械工業連合会は、2017年度の機械工業生産額を前年度実績比2.3%増の72兆4347億円と2年ぶりにプラスとなる見通しを発表した。リーマンショックで61兆円まで落ち込んだ09年以降では最高額となり、大分類では8部門すべてが増加を見込んでいる。国内では、人手不足に伴う根強い省力化・自動化のニーズ、オリンピック開催に向けた社会インフラ整備などの投資、税制等の各種政策効果が期待されている。海外では米国、欧州の景気が底堅いほか、中国での半導体関連需要や省力化・自動化投資の伸びを期待している。ポンプ・送風機・圧縮機は合わせて前年度比7.5%増、バルブ・コック・管継手は合わせて0.1%増の横ばいを見通している。

この生産額見通しは、機械工業47団体を対象に調査した結果(日機連が独自に試算した業種も含む)をベースに試算したもの。

「一般機械」は前年度比2.3%増の14兆2210億円となる見通し。ポンプ・送風機・圧縮機」は上半期で前年同期比3.0%増、下半期で11.8%増、通期で7.5%増の5117億円を見通している。

このほかの機種別では、ボイラー・原動機はボイラー・タービンが外需の伸びを期待、はん用内燃機関はガソリン機関が減少するものの、ディーゼル機関とガス機関の増加を見込み、全体で3.6%増。土木建設機械は国内が底堅く推移すると見込まれるものの、海外は中国向けの回復が期待されるが、不透明な要素もあり0.9%減。

油空圧機器は油圧機器が国内は微増、海外は欧米が堅調、中国はショベル需要に期待。空気圧機器は国内が更新需要、海外も期待できることから全体で3.5%増。

ロボットは国内が堅調、海外は中国向けの回復により自動車や電機を中心に伸びが見込まれ6.6%増。動力伝導装置はスチールチェーンの好調を軸に、歯車、変速機も伸びが見込まれ、全体で3.9%増。

金属工作機械は前年度からの回復に加え、国内外ともに高度な技術を駆使した自動化、省力化のための新たな生産体制の構築や、自動車向けの環境対応需要に期待して13.3%増。

第二次金属加工機械は液圧プレスや機械プレスに回復が見込まれ20.9%増。食料品加工機械は食品業界の設備投資が期待され0.8%増。包装機械・荷造機械は国内の設備投資が一巡したとみられるが、海外は中国を中心にアジア向けで緩やかな伸びが見込まれ4.9%増。半導体製造装置及びFPD製造装置は半導体製造装置が引き続きファウンドリや大手ロジックメーカーの底堅い微細化投資に期待でき、FPD製造装置は高精細・中小型パネル用の投資が見込まれるものの、高水準だった前年度からの反動減を勘案し2.9%減。

「電気機械」は前年度比2.9%増の7兆7353億円となる見通し。換気扇は上半期、下半期とも伸び悩み、0.1%減の1079億円を見通している。

このほか、回転電気機械・静止電気機械器具・開閉制御装置は交流発電機の海外向け減少、交流電動機やサーボモータは世界経済の緩やかな回復により増加するなど全体で3.2%増。民生用電気機械は大容量・高機能・高付加価値製品の伸びが見込まれ0.6%増。電気計測器は電気計器、電気測定器、放射線計測器、環境計測器が増加し、全体では1.1%増。

「情報通信機械」は前年度比0.1%増の3兆473億円となる見通し。民生用電子機器は薄型テレビが五輪に向けての買替需要を見込むが、生産の海外移転が進み、カーナビゲーションシステムは高機能化による生産増を見込み、デジタルカメラは一眼レフで伸びが期待でき、全体では2.9%増。通信機器は2.2%減、電子計算機及び関連装置はパソコンが新OSの本格化に伴う買換え需要などにより、全体で1.6%増。

「電子部品・デバイス」は前年度比10.1%増の7兆9966億円となる見通し。電子部品は海外の多機能携帯電話向けの増加や自動車向けの需要増を背景に3.1%増。電子デバイスは、半導体素子でメモリやCCDの増加、液晶デバイスは多機能携帯電話向けの中小型の伸長により12.1%増。

「輸送機械」は前年度比1.0%増の32兆5356億円となる見通し。自動車は国内がエコカー減税の基準強化等によりやや厳しいものの、輸出は米国が底堅く、欧州も堅調が期待され、全体では0.9%増。自動車部品は輸出の伸びに期待し2.0%増。

産業車両は8月末に迎えるディーゼル車の排出ガス規制猶予期間終了によるフォークリフトの駆け込み需要と慢性化する物流業界の人手不足による需要増が見込まれ、全体では2.4%増。航空機は比較的高水準が続くものの、民間向け機種の端境期における減少などもあり、機体、発動機、装備品が増加するも、全体で4.5%減。

「精密機械」は前年度比0.6%増の1兆4758億円となる見通し。計測機器は計量機器の試験機や精密測定機器が国内外とも伸びが期待でき、光学測定機は国内が増加するなど、全体で4.7%増。光学機械は写真機が3.5%減、カメラの交換レンズ・付属品は3.6%減、全体では2.9%増。

「金属製品」は前年度比0.8%増の2兆8777億円となる見通し。バルブ・コック・鉄管継手は国内が復興需要や五輪に向けての社会インフラ投資などの増加を見込み、前年度水準をやや上回るとみている。バルブ・コックは上半期で3.1%増、下半期で2.9%減、通期で0.1%増のほぼ横ばいの4350億円を見通している。鉄管継手は上半期4.1%、下半期1.1%それぞれ増加し、通期で2.6%増の100億円を見通している。

このほか、ばねは0.3%減。機械工具は特殊鋼・超硬工具とも自動車や工作機械向けが堅調で3.4%増、ダイヤモンド工具は研削ホイール、切削工具の伸びが見込まれ1.7%増。

「鋳鍛造品」は前年度比1.2%増の2兆5454億円となる見通し。粉末冶金製品は0.5%減、鍛工品は3.4%増、銑鉄鋳物は0.5%増、可鍛鋳鉄・精密鋳造品は4.1%減、非鉄金属鋳物は1.1%減、ダイカストは2.6%増。

管材新聞 2017年8月2日 第1710号より抜粋

PC

フローバル ペアコイル

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

国交省 民間工事の品質確保へ「指針」策定

国土交通省はこのほど、民間建設工事について発注者と受注者などの関係者が施工上のリスクに関する事前の情

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立金属 高耐食ニッケル基合金を金属粉末化、積層造形に成功

日立金属はこのほど、金属3Dプリンター用に高耐食ニッケル基合金「MAT21®」を金属粉末化、それを用

記事を読む

管材新聞 アイコン

冬季は入浴事故にご注意! 住設でヒートショック予防の提案を

まもなく1年でもっとも寒い「大寒」を迎えるが、この時期に気をつけたいのがヒートショックによる入浴事故

記事を読む

管材新聞 アイコン

大企業の行動意識 国内の有形固定資産投資に注力

日本政策投資銀行は、大企業の全国設備投資計画調査に付随して「広義の投資」についての企業行動の意識調査

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立金属 来年1月から配管機器10~20%値上げ

日立金属はこのほど、継手など配管機器製品の価格を来年1月1日出荷分から値上げすると発表した。引き上げ

記事を読む

管材新聞 アイコン

中小製造の設投意欲 やや上向き傾向

日本政策金融公庫(日本公庫)がこのほどまとめた中小製造業設備投資動向調査結果によると、2017年度設

記事を読む

管材新聞 アイコン

今年度の白物家電国内生産額は4%減見通し ルームエアコン8%減

日本電機工業会(JEMA)はこのほど、2019年度の電気機器の生産見通しをまとめ、うち白物家電の国内

記事を読む

管材新聞 アイコン

外需大幅減ながら民需、官公需とも増で2年ぶり増 2018年環境装置受注額6491億円 水質汚濁防止装置は9.1%増 2285億円

日本産業機械工業会が公表した2018年暦年の環境装置受注額は、前年比1.0%増の6490億7700万

記事を読む

管材新聞 アイコン

国交省 建設現場の「快適トイレ」事例集公表

国土交通省はこのほど、建設現場で女性技術者などに不評であったトイレについて「快適トイレ(女性も活用し

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度アルミ圧延品需要 管材関連の押出類は微増

日本アルミニウム協会はこのほど、2018年度のアルミニウム圧延品需要概況をまとめた。 押出類は

記事を読む

PC

フローバル ペアコイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

フローバル ペアコイル
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品.com

    配管部品 楽天市場店

    配管部品 YAHOO店

    配管部品ドットコム Amazon店

    配管部品ドットコム auPAYマーケット店

    電材部品 楽天市場店
PAGE TOP ↑