18年度建機出荷額8.2%増で過去最高 内需3年ぶり増、外需2年連続増 油圧ショベル・ミニショベルとも増加

公開日: : 業界ニュース

日本建設機械工業会がまとめた2018年度の建設機械出荷額は、前年度比8.2%増の2兆8073億円で、2年連続で増加し過去最高の実績であった。内需が0.9%増の9925億円で、3年ぶりの増加。外需は12.6%増の1兆8148億円で、2年連続増加した。

内需はトラクタ(1218億円、10.9%増)、油圧ショベル(2706億円、0.3%増)、ミニショベル(895億円、6.1%増)、基礎機械(434億円、11.1%増)、油圧ブレーカ圧砕機(205億円、3.3%増)、その他建設機械(719億円、11.3%増)の6機種が増加した。減少機種は建設用クレーン(1914億円、3.4%減)、道路機械(357億円、7.6%減)、コンクリート機械(283億円、3.4%減)、トンネル機械(1億円、95.531.8%減)と補給部品(1185億円、0.3%減)。

外需はトラクタ(1900億円、6.3%増)、油圧ショベル(7735億円、17.4%増)、ミニショベル(2305億円、8.7%増)、建設用クレーン(838億円、22.1%増)、油圧ブレーカ圧砕機(101億円、10.9%増)、その他建設機械(2508億円、8.0%増)の6機種と補給部品(2390億円、14.7%増)が増加し、道路機械(319億円、12.9%減)、コンクリート機械(9億円、40.7%減)、基礎機械(43億円、18.4%減)が減少した。トンネル機械は実績がなかった(前年度も実績なし)、地域的にはアジア、中国、オセアニア、欧州、北米、中南米、CISその他東欧の7地域が増加した。

油圧ショベルとミニショベルの内外需合わせた2018年度の出荷額はそれぞれ12.4%増の1兆441億円、7.9%増の3200億円。

なお、3月は内需1236億円(14.4%増、6カ月連続増)、外需1768億円(2.0%増、6カ月連続増)、総合計3004億円(6.8%増、6カ月連続増)だった。

3月の内需はトラクタ(134億円、32.4%増)、油圧ショベル(358億円、40.1%増)、ミニショベル(91億円、1.5%増)、コンクリート機械(50億円、8.3%増)、基礎機械(45億円、11.2%増)、油圧ブレーカ圧砕機(24億円、5.4%増)、その他建設機械(85億円、18.1%増)の7機種と補給部品(111億円、0.6%増)が増加した。建設用クレーン(306億円、1.0%減)、道路機械(31億円、2.1%減)の2機種が減少し、トンネル機械は実績がなかった(前年同月も実績なし)。

外需はトラクタ(213億円、12.0%増)、油圧ショベル(798億円、4.1%増)、ミニショベル(230億円、11.2%増)、建設用クレーン(109億円、59.7%増)、基礎機械(2億円、1528.6%増、約16.3倍)、油圧ブレーカ圧砕機(11億円、18.1%増)の6機種が増加、道路機械(31億円、18.7%減)、コンクリート機械(6300万円、69.7%減)、その他建設機械(178億円、28.4%減)と補給部品(195億円、3.6%減)が減少した。トンネル機械は実績がなかった(前年同月も実績なし)。地域別では中国(2カ月連続増)、欧州(6カ月連続増)、北米(19カ月連続増)、中南米(2カ月連続増)、CISその他東欧(2カ月連続増)の5地域が増加した。

油圧ショベルとミニショベルの内外需合わせた3月の出荷額はそれぞれ13.1%増の1155億円、8.3%増の321億円。

管材新聞 2019年6月26日 第1776号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

大企業の行動意識 国内の有形固定資産投資に注力

日本政策投資銀行は、大企業の全国設備投資計画調査に付随して「広義の投資」についての企業行動の意識調査

記事を読む

TOTOの「きれい技術」はめっちゃいい! 関西弁のチラシ好評

「めっちゃキレイになるやん!」「清潔でええな!」「ツルツルやな~」「ニオイにも効くで!」

記事を読む

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6449―1902)は、オリジナ

記事を読む

管材新聞 アイコン

昭和電工建材/エーアンドエーマテリアル 耐火二層管事業で業務提携

昭和電工建材(本社・横浜市)とエーアンドエーマテリアル(本社・横浜市)の両社はこのほど、耐火二層管事

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立金属 配管機器事業を再編 日立バルブを簡易吸収分割

日立金属は7月26日、完全子会社の日立バルブの営業および開発部門を簡易吸収分割により継承し、日立バル

記事を読む

管材新聞 アイコン

19年度に設備投資 6割強の企業が計画

帝国データバンク(TDB)はこのほど、2019年度の設備投資に関する企業の意識調査を行った結果を公表

記事を読む

大阪管材組合 組合員企業を対象に 採用向けHP作成

大阪管工機材商業協同組合(理事長久門龍明氏)では、人材確保委員会(委員長多田修三氏)が中心となり、組

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 「経費節減カタログ Vol.5」発刊 1万7000点掲載

MonotaRO(モノタロウ)はこのほど、ユーザーのコスト削減に役立つプライベートブランド(PB)商

記事を読む

日本DIY協会 29~31日にDIYショウ

日本DIY協会 29~31日にDIYショウ 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会(会長稲葉敏幸

記事を読む

INCHEM TOKYO

化学産業総合展開催 管材・機器メーカーも多数出展

化学産業を中心とした総合展「INCHEM TOKYO2015」(主催:日本能率協会、化学工学会)が2

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑