17年の環境産業市場規模 過去最大の105兆円超 経済・雇用への影響増大

公開日: : 業界ニュース

環境省はこのほど、環境産業の市場規模・雇用規模などの推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書(2017年版)」を公表し、同年の環境産業市場が前年比約0.9%増の105兆4495億円と過去最大規模となった。2年連続で増えており、環境産業がわが国に与える影響は一段と増してきた。

環境産業を「供給する製品・サービスが環境保護および資源管理に直接・間接的に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献する産業」と定義して推計したもの。具体的には「環境汚染防止」「地球温暖化対策」「廃棄物処理・資源有効利用」「自然環境保全」の四つの分野に分けられる。

報告書によると、17年の環境産業の市場規模は前年比約0.9%増の105兆4495億円と、過去最大規模となった。16年は前年比3.6%増に伸びており、2年連続して増加した。2000年と比較すると約1.8倍に拡大し、全産業に占める環境産業の市場規模の割合は00年の6.1%から17年には10.3%まで上昇し、環境産業がわが国経済与える影響は大きくなっている。とくに、クリーンエネルギー利用や省エネルギー化など地球温暖化対策分野の市場規模が拡大している。

4分野別にみると、「地球温暖化対策」は前年比約8.8%増の35兆9917億円。近年の動きでは、04年以降の「低燃費・低排出認定車」「ハイブリッド自動車」などの成長による「自動車の低燃費化」分野が増加し、12年以降は固定価格買取制度などによる「太陽光発電システム」などの再生可能エネルギーに関する市場の急成長に伴い、「クリーンエネルギー利用」分野が大きく増加した。さらに、17年は「省エネルギー建築」が大きく増加した。

大気汚染防止、下水・排水処理、土壌・水質浄化、環境経営支援、化学物質汚染防止などの「環境汚染防止」は、前年比約0.5%増の11兆3919億円。05年以降は大気汚染の抑制に寄与する「サルファーフリー(低硫黄)のガソリンと軽油」を新たな推計項目として加えたため、「化学物質汚染防止」分野が増加してきた。17年は「大気汚染防止」に含まれる「自動車排気ガス浄化触媒」の増加が目立つ。

一方、市場規模が縮小傾向にある分野もみられる。最大規模の「廃棄物処理・資源有効利用」がそれで、前年比3.9%減の49兆6150億円にとどまった。08年まで増加を続けたが、09年の景気減速の影響を受け落ち込み、以降は増減を繰り返し、17年は「資源、機器の有効利用」に含まれる「リフォーム・リペア」が大きく減少に転じた。

また、持続可能な農林水産業や水資源利用など「自然環境保全」も前年比1.0%減の8兆4509億円。09年以降、増加傾向にあったが、17年は持続可能な農林水産業および環境保護意識向上の減少に伴い、再び減少に転じた。

17年の環境産業の雇用規模は前年比微増ながら、過去最大の277万8984人となり、00年との比較では約1.5倍を示している。「環境汚染防止」「廃棄物処理・資源有効利用」「自然環境保護」の分野が減少したが、「地球温暖化対策」分野で約12%増と大きく増えている。

17年の環境産業の輸出額は前年比8%増の約14.7兆円で、大部分を「地球温暖化対策」分野が占め、その中でもとくに「低燃費・低排出認定車(輸出分)」、「ハイブリット自動車」の占める割合が大きくなった。

環境産業の輸入額は1%増の3.9兆円。大部分を「地球温暖化対策」分野が占め、その中でもとくに「再生可能エネルギー発電システム」「省エネルギー電化製品」「エコカー」の占める割合が大きくなった。

管材新聞 2019年7月10日 第1778号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

古島と日本管材センターが業務提携

古島と日本管材センターの両社は11月1日付で業務提携契約を締結した。 古島は地方を中心に営業基

記事を読む

管材新聞 アイコン

全管連 水道法改正案成立へ厚労相らに要望

全国管工事業協同組合連合会(全管連)はこのほど、厚生労働大臣と自由民主党衆議院国会対策委員長(鹿児島

記事を読む

管材新聞 アイコン

わが社の今年の戦略商品 リケン シール付ステン継手「ZDSUS継手」

均一で最適な厚さに塗られたシール材により、確実なシール性が確保されているため、接合品質にムラがなく、

記事を読む

ポンプラザウルス

エンジニア ポンプラザウルス「経産省製造産業局長賞」受賞

エンジニアの水回り用プライヤー「ポンプラザウルス」が2018年日本DIY商品コンテスト「新商品部門」

記事を読む

管材新聞 アイコン

今年度中小企業の設投計画 前年度と同水準維持

中小企業で2019年度に国内設備投資を計画(19当初計画)する企業の割合は、18年度の当初計画(18

記事を読む

管材新聞 アイコン

キッチン・バス工業会 「台所・お風呂の川柳」入賞作を表彰

キッチン・バス工業会は11月2日、今年5月から7月にかけて募集した第14回「台所・お風呂の川柳」入賞

記事を読む

管材新聞 アイコン

4~6月期景況判断 全産業で「下降」超

内閣府、財務省がこのほど発表した4~6月期の法人企業景気予測調査(第53回調査)結果によると、現状の

記事を読む

管材新聞 アイコン

14年工業統計調査結果

経済産業省の「2014年工業統計調査」で、製造品出荷額は24産業(産業中分類)中、輸送用機械器具製造

記事を読む

管材新聞 アイコン

KVK 浴び心地良いシャワーヘッド

KVKは、2種類のシャワーの組み合せにより、低流量でも浴び心地の良い快適吐水構造のシャワーヘッド「e

記事を読む

ばるちゃん

日本バルブ工業会 ばるちゃん「ゆるキャラグランプリ」エントリー 上位ランクインめざす

日本バルブ工業会はこのほど、バルブのイメージキャラクターである「ばるちゃん」を「ゆるキャラグランプリ

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑