中小製造業の投資意欲 昨春より増大傾向

公開日: : 業界ニュース

日本政策金融公庫(日本公庫)がこのほどまとめた中小製造業設備投資動向調査結果によると、2018年度に計画する設備投資金額は(18年度当初計画=18当初)は前年度実績(17実績)比3.6%減となった。ただ、当初計画は控えめに立てられるケースが多いとされるほか、前年同時期に策定された17年度当初計画(17当初)に対し10.8%の増加となっており、投資意欲は昨年度の年初に比べ増大傾向を示した。

調査は経済産業省工業統計調査を基に3万社を対象に4月上旬に実施、1万517社の有効回答を得て分析した。それによると、18年度の設備投資当初計画(18当初)は17年度実績(17実績)に比べて3.6%減の2兆5277億円となった。

一方、「18当初」は前年同時期に策定した「17当初」に比べて10.8%の増加となっているほか、「17当初」が「16実績」比7.0%減と今回より減少幅が大きかったことから昨年より今年の方が中小製造業の設備投資意欲が増大していることがうかがわれる。

業種別にみると、「18当初」が「17実績」を上回ったのは非鉄金属(40%増)、鉄鋼(17%増)、印刷・同関連(9%増)、金属製品(5%増)、木材・木製品(3%増)、化学(2%増)の6業種。

汎用機械(21%減)、その他(22%減)、食料品(14%減)、繊維・繊維製品(13%減)、窯業・土石(11%減)、パルプ・紙(7%減)、業務用機械(7%減)、輸送用機械(5%減)、生産用機械(3%減)、プラスチック(2%減)、電気機械(1%減)の11業種は「17実績」を下回った。

「18当初」の設備投資内容を「17当初」と比較すると、主力の「機械・装置」が13%増(構成比62%)となった。「建築・構築物」も11%増(同28%)と増加し、「土地」は13%減(同3%)と低下した。

「18当初」の主要な設備投資の目的を「17実績」と比較すると「新製品の生産・新規事業への進出、研究開発」(10%増)や「省力化・合理化」(5%増)などの投資割合が増加し、「更新、維持・補修」(8%減)や「能力拡充」(5%減)など割合が減少するなど、既存製品の生産力増強から新規分野への進出やコストダウン注力へ姿勢の変化がみられる。

一方、設備投資の「17実績」をみると、「16実績」比7.0%増の2兆6218億円と堅調に推移した。前年の「16実績」の「15実績」比は4.9%減にとどまっていたことを考えると、このところ設備投資は確実に増大している。「17実績」が「16実績」より増加したのは「パルプ・紙」(55%増)、「繊維・繊維製品」(39%増)、「汎用機械」(38%増)、「プラスチック」(18%増)、「生産用機械」(17%増)、「電気機器」(15%増)、「その他」(10%増)、「化学」(7%増)「鉄鋼」(6%増)など17業種中、12業種となった。「業務用機械」(31%減)は減少した。

「17実績」の投資内容では主力の「機械・装置」が5%増(構成比56%)となったほか、「建物.構築物」7%増(同28%)、「船舶・車両・運搬具等」15%増(同9%)、「土地」20%増(同7%)といずれも増加した。投資目的では「更新・維持・補修」投資の構成比(35%)が9年連続で最も高い割合となった。次いで、「能力増強」(構成比31%)、「新製品の生産、新規事業への進出・研究開発」(同14%)となっている。

海外拠点への設備投資動向をみると、17年度で実施した企業割合は4.1%で、16年度(4.1%)から横ばいとなっている。また、18年度の計画では4.5%となった。企業規模別に海外拠点への設備投資実施割合をみると、17年度では従業員200~299人の中小企業が16.2%と15年(12.5%)以降、上昇が続いている。

また、全体で17年度に海外拠点に設備投資を行った割合はタイ、ベトナムで増加している。17年度の上位3か国への投資目的をみると、中国、タイでは「現地・第三国の需要開拓」の割合が一番高い(中国42%、タイ46%)のに対し、ベトナムでは「日本国内での競争力強化」(38%)が最も高くなっている。

管材新聞 2018年7月4日 第1743号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

16年度上半期産業機械 8.7%減少 ポンプ内需は5.3%増 環境装置28%の大幅増

日本産業機械工業会(産機工)がまとめた2016年度上半期(4~9月)の産業機械受注額は前年同期比8.

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 茨城に大型物流拠点建設

工業用間接資材通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)は、茨城県笠間市に約50万アイテムの商品

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 北海道の物流センター稼働

MonotaRO(モノタロウ)は1日、道央札幌郵便局・札幌物流ソリューションセンター内に「北海道ディ

記事を読む

LIXIL リフォームフェア2016 アイコン

LIXIL「リフォームフェア」全国6か所で約10万人動員 三位一体で需要創造

LIXILは今年、全国6会場で流通店などと協働で「リフォームフェア2016」を開催。合わせて

記事を読む

モノタロウ カタログ「空調・電設/ポンプ/配管・水廻り設備用品編」 アイコン

モノタロウ 総合カタログ春号発刊 建築・工事業向け充実

MonotaRO(モノタロウ)はこのほど、ユーザー向け商品カタログ『間接資材総合カタログ RED B

記事を読む

管材新聞 アイコン

岡谷鋼機など 清掃対象物を収集するロボット「TOギャザー」開発

岡谷鋼機は、竹中工務店と共同で作業所や工場などの作業員の負担軽減策として、自動的に清掃対象物をかき集

記事を読む

管材新聞 アイコン

LIXIL 全国11会場で「Good Livingフォーラム」室温バリアフリーによる“ちょう℃いい暮らし”提案

LIXILは、プロユーザー向けイベント「Good Livingフォーラム2017」で、室温温度差のな

記事を読む

管材新聞 アイコン

阪急不動産 追加料金なしで選べる水回りメニュー 都心の分譲マンションに順次導入

阪急不動産は、近年の多様なニーズに応えるため、キッチン・洗面化粧台・ユニットバスについてライフスタイ

記事を読む

管材新聞 アイコン

9月の東京地区管材景況 売上・粗利とも停滞続く 景況感やや上向く

東京管工機材商業協同組合はこのほど、9月の「管工機材商景況動向」を発表した。景況感は、「悪い」回答が

記事を読む

管材新聞 アイコン

14年工業統計調査結果

経済産業省の「2014年工業統計調査」で、製造品出荷額は24産業(産業中分類)中、輸送用機械器具製造

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑