〈日邦バルブ②〉菅原社長インタビュー

公開日: : 業界ニュース

新製品の戸別減圧弁ユニット「RVD―U」の開発の経緯・今後の取組み・展開ついて伺った。

―今回の新製品の開発経緯についてお聞かせ下さい。

減圧弁を製造しているメーカーはあるがホテル用として製造している所はあまりない。当社は水道メーターまわりのメーカーとしてやってきた。水道メーターが水平に設置する事が基準で決まっており、必然的に横向きになる。床に置いたり、立ち上げたりして、固定して配管していた。ホテル等の分野は今まであまり知らなかった。部屋を広くとるという点では水道メーターとちがって縦につけてもかまわない。現状、縦配管になって、かなり狭い所に押し込められている。ある工事会社の方から、縦型のユニットはできないかというご意見を頂き、メーターユニットを縦にしたような初期型をつくった。ホテルで減圧弁使用されており、それをユニット化した。

―減圧弁ユニットの従来工法との比較でメリットを教えて下さい。

たとえば従来(20ミリメートル、2室施工)ではステンレス管切断作業(2本)・ステンレス継手接続作業(4ヶ所)・減圧弁、ゲートバルブねじ込み接続作業(3ヶ所)・支持金具取付けの4ヶ所行う必要があった。一台で2室分岐の今回減圧弁ユニットではコンクリート床へのアンカー穴あけ、打込み(4ヶ所)・支柱設置、減圧弁ユニット取付け・一次側フレキパイプ継手ねじ込み接続(2ヶ所)・一次側フレキパイプ接続(2ヶ所)の作業を給水・給湯一ヶ所ずつで済み、どの工程も短時間に行え、施工箇所が半分になり、施工時間が大幅に短縮できる。他メーカーのものは故障時、全体を交換しなければならなかったが、新型の減圧弁はカートリッジ式の為、電球交換のように配管に触れず誰にでも容易に交換できる。ユニット化しているので狭いパイプシャフト内でも設置が容易にできる。減圧弁一つに対してねじ込み工数は8から3に減らせる。施工費用も従来配管より安価でできる。

―戸別減圧弁ユニット「RVD-U」の特徴は

施工性がいい専用スタンドとユニット化した減圧弁でカートリッジ式の減圧弁で交換がすぐでき、洗管キャップが工場からついてくるので、洗管してまっさらな状態で減圧弁をつけて引き渡しができあるなどを有している。

―今後の取組み・展開ついてお聞かせ下さい。

これから大阪万博もあり、ホテルラッシュの建設需要で京都・大阪と沖縄に需要を見込んでいる。特にチェーン展開をしているホテルをターゲットとしたい。他にはサービス付高齢者住宅や首都圏のマンション型式学生寮にも拡販したい。今までの施工例からすると低価格で25ミリメートルで施工できる。施工時間がかなり短縮。カートリッジ交換でアフターも容易。ホテルの場合、稼働率をあげられる。

天井裏に配管している所が、ユニットバスの点検口からアフターをやらなければならないが、そういう場所にも施工できる。単体で天井裏に取付けも可能。初期型より軽量化。耐熱は80℃。減圧弁カートリッジのみの販売も行っており、メンテ用カートリッジを用意される事をお勧めする。工場ではユニット化して、配送・納品している。
みらい市や大阪の管工機材展にも出品、顧客からいろいろアイデアを頂き、秋にむけ、増産体制を整えていく。メーターユニットより数多く販売出来るので、期待している。

管材新聞 2019年9月26日 第1785号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

中小製造業の投資意欲増大傾向続く

日本政策金融公庫(日本公庫)がこのほどまとめた中小製造業設備投資動向調査結果によると、2019年度に

記事を読む

管材新聞 アイコン

4~6月期中小企業業況いぜん穏やかな改善基調

中小企業庁はこのほど、2018年4~6月期の中小企業業況調査(第152回)結果を公表し、中小企業の業

記事を読む

管材新聞 アイコン

6月新設住宅着工、6ヶ月ぶり減 持家・貸家増続くも分譲住宅が15%減

国土交通省が発表した6月の新設住宅着工戸数は、前年同月比2.5%減(6ヶ月ぶり減)の8万5953戸と

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年度設備工事受注0.8%減少と低迷 民間「管工事」7年連続増

国土交通省がこのほどまとめた2016年度の設備工事3業種(電気・管・計装工事の各主要20社)の受注額

記事を読む

管材新聞 アイコン

建設投資 15・16年度とも減少 新設住宅は堅調推移

2015年度の建設投資は前年度(見込み)比3.2%、16年度は同(見通し)比1.9%、いずれも減少す

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年度末下水道普及率 全国平均78.8% 整備人口49万人増加

国土交通省がこのほどまとめた2017年度末(18年3月末)の全国下水道処理人口普及率は、前年度末比0

記事を読む

管材新聞 アイコン

国交省 建設現場の「快適トイレ」事例集公表

国土交通省はこのほど、建設現場で女性技術者などに不評であったトイレについて「快適トイレ(女性も活用し

記事を読む

住宅リフォーム 昨年の市場やや縮小 19年は再び拡大見通し

矢野経済研究所(社長水越孝氏)の国内住宅リフォーム市場の調査結果によると、2018年の住宅リフォーム

記事を読む

管材新聞 アイコン

第一環境、アズビル金門など4社、新技術「LPWA」よる自動検針開始

第一環境、アズビル金門、KDDI、京セラコミュニケーションシステムの4社は、「Sigfox 自動検針

記事を読む

管材新聞 アイコン

国交省調べ 元請からの「不当なしわ寄せ」減少顕著

国土交通省がこのほど公表した2018年度「下請取引実態調査」によると、元請負人からの「不当なしわ寄せ

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑