7月度産業機械 ポンプ受注1.1%増 製造業.非製造業.外需減、官公需と代理店が増

公開日: : 業界ニュース

産業機械全体では4カ月連続減

日本産業機械工業会がまとめた7月の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注額は、前年同月比1.1%増の317億200万円であった。製造業が12.5%減、非製造業26.8%減で民需は22.3%減、官公需が34.2%増で内需は13.0%増(代理店は30.2%増)、外需は38.6%減で全体では4カ月連続増だった。
ポンプの動向を需要部門別にみると、民需は22.3%減の66億7000万円だった。製造業は12.5%減の23億4800万円、非製造業が26.8%減の43億2200万円だった。官公需は34.2%増の116億4000万円。

民需と官公需、代理店(89億4300万円、30.2%増)を合わせた内需合計は13.0%増の272億5300万円。民需で増加した品目.業種は12業種だった。
業種別の受注動向をみると、民間製造業で増加したのは17業種中8業種。受注額が大きい業種では「化学工業」が23.6%増、「石油.石炭」は71.8%減、「鉄鋼業」74.7%増、「情報通信機械業」13.0%増だった。「造船業」は94.4%減、「その他製造業」は21.9%減だった。

民間非製造業は受注額が大きい「卸.小売業」が全減に近い98.0%減、「運輸業.郵便業」276.5%増(約3.8杯)、「電力業」21.2%増、「その他非製造業」1.9%減で全体で26.8%減であった。「建設業」は横ばいの3500万円だった。
官公需は「運輸業」150.0%増(2.5倍)、「防衛省」109.1%増(約2.1倍)、「国家公務」65.7%減、「地方公務」56.9%増、「その他官公需」95.5%増(2倍弱)で官公需全体では34.2%増だった。代理店は30.2%増の89億4300万円で内需全体では13.0%増の272億5300万円だった。

外需は38.6%減の44億4900万円で、全体では317億200万円(1.1%増)だった。
一方、ポンプを含む産業機械全体の受注額は、19.8%減の3428億9900万円で、4カ月連続減だった。増加4機種.減少8機種だった。

内需は15.0%減の2559億3900万円。内訳は、製造業向けが15.9%減、非製造業向けが0.9%増、官公需向け30.9%減、代理店向けが3.7%増。

増加機種は「タンク」(208.8%増、約3.1倍)、「ポンプ」(13.0%増)、「圧縮機」(2.9%増)、「運搬機械」(21.4%増)、「変速機」(3.7%増)、「金属加工機械」(3.5%増)の6機種、減少6機種は「ボイラ.原動機」(17.0%減)、「鉱山機械」(12.0%減)、「化学機械」(17.8%減)、「プラスチック加工機械」(44.8%減)、「送風機」(11.6%減)、「その他機械」(35.1%減)だった。

外需は31.2%減の869億6000万円。プラント案件はなかった。

増加した機種は「ボイラ.原動機」(87.0%増)、「鉱山機械」(304.2%増、4倍強)、「タンク」(816.7%増、約9.2倍)、「プラスチック加工機械」(16.2%増)、「運搬機械」(30.9%増)の5機種、減少したのは「化学機械」(66.4%減)、「ポンプ」(38.6%減)、「圧縮機」(33.1%減)、「送風機」(12.3%減)、「変速機」(43.5%減)、「金属加工機械」(70.0%減)、「その他機械」(16.4%減)の7機種だった。
内需と外需を合わせた機種別動向で増加した機種は「ボイラ.原動機」(2.8%増。外需の増加による)、「タンク」(217.9%増、約3.2倍。「化学」の増加による)、「ポンプ」(1.1%増)、「運搬機械」(23.5%増減。「食品」「運輸.郵便」「卸売.小売」の増加による)の4機種だった。

ほか8機種が減少し「鉱山機械」(2.7%減。「窯業土石」「建設」の減少により減少)、「化学機械」(36.0%減。「化学」、外需の減少による)、「プラスチック加工機械」(12.5%減。「自動車」「その他製造業」の減少による)、「圧縮機」(15.9%減。外需の減少による)、「送風機」(11.6%減。「鉄鋼」「電力」の減少による)、「変速機」(5.2%減。外需の減少による)、「金属加工機械」(39.1%減。外需の減少による)、「その他機械」(32.8%減)だった。

管材新聞 2019年9月26日 第1785号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

大・中堅企業の景況 7~9月期回復見通し

内閣府・財務省がこのほど発表した第45回法人企業景気予測調査(2015年4~6月期調査)によると、企

記事を読む

18年度末下水道普及率 全国平均79.3%

国土交通省がまとめた2018年度末(19年3月末)の全国下水道処理人口普及率は、前年度末比0.5ポイ

記事を読む

TOTO トイレ便座検知システム

TOTO 便座から立ち上がりをセンサーがお知らせ 医療施設向けウォシュレット

TOTOは、入院患者が便座から立ち上がったことを看護スタッフに知らせるトイレ内の見守り支援システムを

記事を読む

管材新聞 アイコン

機械工業生産3年連続プラス、今年度見通し72兆485億円、2.6%増

日本機械工業連合会はこのほど、2015年度の機械工業生産額を前年度実績比2.6%増の72兆485億円

記事を読む

管材新聞 アイコン

サンエツ金属 7月受注分より線材を平均10%値上げ

サンエツ金属は5月29日、線材(黄銅線、りん青銅線、その他合金線全般)の価格を7月1日分より値上げ(

記事を読む

管材新聞 アイコン

今年度 白物家電微減見通し ルームエアコンも横ばい

日本電機工業会(JEMA)がこのほど明らかにした2018年度の電気機器の生産見通しのうち、白物家電の

記事を読む

管材新聞 アイコン

川崎重工 国内初のLNGバンカリング船1隻を受注

川崎重工業は、川崎汽船、中部電力、豊田通商および日本郵船の4社が出資する合弁会社「セントラルLNGシ

記事を読む

管材新聞 アイコン

三井化学産資 エルメックスおよびエルメックス-SP値上げ 6月1日出荷分から10%以上

三井化学産資 管材事業部エルメックス部はこのほど、エルメックスパイプおよびエルメックス-SP全銘柄の

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年のエアコン国内出荷家庭、業務用とも不振

2015年のルームエアコン(家庭用エアコン)の国内出荷台数は前年比4.7減と、14年(5.7%減)に

記事を読む

管材新聞 アイコン

LIXIL バスルーム値上げ

LIXILは、一部の住宅用建材・設備のメーカー希望小売価格を10月1日受注分から2~20%程度値上げ

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑