1年で4200万円分の水が無駄に 漏水の調査予算足りず

公開日: : 業界ニュース

老朽化した水道管からの水漏れに悩む自治体。管の更新が有効な水漏れ対策だとわかっていても、予算不足でなかなか進まない。

鳥取県大山(だいせん)町。2013年春から続いた漏水の場所を特定するまで、約1年7カ月間、水道水が農業用水路に漏れ続けた。1時間あたりの送水量が、水の使用が減る深夜でも通常の2倍に増え、漏水を疑っていた。だが、断水を伴う調査を先送りし、断水をしなくても済む漏水調査も予算不足で着手できなかったという。

14年11月に本格的な調査に乗り出し、職員数人が探知機を路面に当てて歩き回って漏水場所を突き止めた。この地区の13年度の給水原価から計算すると、漏れた水は1年間で約4200万円分に相当する。

参考
http://www.asahi.com/articles/ASJ135J9KJ13TIPE00N.html

PC

フローバル ペアコイル

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

17年度末下水道普及率 全国平均78.8% 整備人口49万人増加

国土交通省がこのほどまとめた2017年度末(18年3月末)の全国下水道処理人口普及率は、前年度末比0

記事を読む

管材新聞 アイコン

7月の東京地区管材景況 売上やや増・粗利停滞 景況感は再び下向く

東京管工機材商業協同組合はこのほど、7月の「管工機材商景況動向」を発表した。景況感は「好況」回答が前

記事を読む

管材新聞 アイコン

第17回「日本水大賞」決定 大賞に宮古工業高校

水環境の健全化に取り組む団体などを顕彰する第17回「日本水大賞」(国土交通省・環境賞など後援

記事を読む

管材新聞 アイコン

癒しのトイレ研究会 トイレの安全対策など学会で発

TOTO、ダイキン工業など6社で構成する「癒しのトイレ研究会」は、11月21・22日両日に東京ビッグ

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度ポンプ受注 省エネ志で4.3%増 官需・外需も堅調維持

日本産業機械工業会(産機工)はこのほど、2016年度の産業機械受注見通しを発表し、ポンプ受注について

記事を読む

ブルーホース FBL アイコン

フローバル 送排水用ホース「ブルーホース」新発売

継手・バルブ・ホース金具など工業用配管部品の専門商社であるフローバルはこのほど、送排水ホース

記事を読む

管材新聞 アイコン

ダイドレ 建材・住設展でステン製透水化粧ふたが特別賞

排水器具・マンホールなど水まわり器具を扱うダイドレは、先日、大阪で開催された「建築材料・住宅設備総合

記事を読む

LIXIL アイコン

LIXILの子会社が破綻 債務保証は330億円

建築材料・住宅設備機器の最大手LIXILは、中国の子会社が破綻したことで、債務保証330億円

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年のエアコン国内出荷家庭、業務用とも堅調

日本冷凍空調工業会がこのほどまとめた2017年(暦年)のルームエアコン(家庭用エアコン)の国内出荷台

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年上期工場立地件数は近年で最大 面積は1.5%減

経済産業省の工場立地動向調査(速報)で2018年上期(1~6月期)の「製造業等」の全国工場立地件数は

記事を読む

PC

フローバル ペアコイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

フローバル ペアコイル
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品.com

    配管部品 楽天市場店

    配管部品 YAHOO店

    配管部品ドットコム Amazon店

    配管部品ドットコム auPAYマーケット店

    電材部品 楽天市場店
PAGE TOP ↑