16年の製造業工場立地件数 3年ぶり減少

公開日: : 業界ニュース

経済産業省がまとめた2016年(暦年)の「製造業等」の工場件数は前年比4.9%減と3年ぶりに減少した。立地面積は0.1%増と前年水準を維持した。立地件数は輸送用機械、食料品、その他の製造業など10業種で増加したものの、化学工業、金属製品、生産用機械など12業種で減少した。電気業を含めた全体の立地件数は3.9%の減少となった。

▼工場立地件数と工場立地面積の推移
工場立地件数と工場立地面積の推移

調査は、工場などを建設する目的で1000平方メートル以上の用地を取得した製造業、電気業(太陽光発電設備を除く)、ガス業、熱供給業の事業者を対象に行ったもの。それによると、全国の昨年の「製造業等」(製造業・ガス業・熱供給業の合計)立地件数は、前年比4.9%減の994件となり、14年(前年比21.3%増)、15年(同3.6%増)の2年続きの増勢から減少に転じた。

ただ、立地面積は14年(同16%増)、15年(同5.0%減)に続き、16年も0.1%増の1123ヘクタールと前年比微増となり、ここ5年で14年に次ぐ高い水準を維持した。

近年の「工場立地」の全体の推移をみると、13年に立地件数で前年比53%増、立地面積140%増と飛躍的に増加したが、これは太陽光発電を目的とした電気業の立地案件の増加が大きな要因。13年の立地件数に占める電気業(1044件)の割合は56%、立地面積に占める電気業(6458ヘクタール)の割合は86%にも達し、電気業を除けば件数で12%減、立地面積で2%減にとどまっていた。

14年には電気業の増勢基調も弱まり、代わって製造業の化学工業、金属製品、生産用機械、電気機械、輸送用機械などで立地件数・面積が増え、1008件、1181ヘクタールと、いずれも過去5年で最多となった。15年統計から電気業では太陽光発電設備が除外された。

16年の製造業の業種別の立地件数をみると、多い順に食料品176件(構成比17.7%)、金属製品123件(12.4%)、輸送用機械115件(11.6%)、生産用機械98件(9.9%)の順。

前年との比較では、輸送用機械(13件増)、食料品(10件増)、その他の製造業(10件増)、飲料・たばこ・飼料(8件増)、パルプ・紙(6件増)など10業種で増加したが、化学工業(36件減)、金属製品(27件減)、生産用機械(17件減)、繊維工業(8件減)など12業種で減少した。

「製造業等」の地域ブロック別の立地件数は上位から東海212件(構成比21.3%)、関東内陸177件(17.8%)、南東北123件(12.4%)の順で、これら3地域で全体の51.5%を占めた。東海(15年172件→16年212件)、南東北(100件→123件)、四国(43件→52件)などで増加し、関東内陸(214件→177件)、近畿臨海(98件→76件)、山陽(58件→42件)などで減少した。

「製造業等」の工場立地面積は、上位から関東内陸(265ヘクタール)、東海(222ヘクタール)、南東北(119ヘクタール)の順となり、これら3地域で全体の54.0%を占めた。

前年との比較では、東海(152ヘクタール→222ヘクタール)、四国(35ヘクタール→83ヘクタール)、近畿内陸(66ヘクタール→104ヘクタール)などで増加し、山陽(89ヘクタール→43ヘクタール)、南九州(65ヘクタール→21ヘクタール)、北九州(75ヘクタール→40ヘクタール)などで減少した。

工業団地への工場立地件数(電気業を除く)は375件で、前年から53件の減少となった。立地件数に占める工業団地への立地割合は37.8%となっている。

工場立地における立地地点選定に際して事業者(電気業を除く)が「最も重視」した項目は「本社・他の自社工場への近接性」「市場への近接性」「地価」との理由が多かった。

東日本大震災による被災7県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉)での電気業を除く工場立地件数は167件件(前年比32件減)、立地面積は258ヘクタール(28ヘクタール増)であった。

なお、電気業を含む昨年の総立地件数は1028件で前年比3.9%減、総立地面積は1298ヘクタールで7.4%増であった。

管材新聞 2017年5月17日 第1702号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

キッツ第2四半期決算、減収減益 国内外ともバルブが減収、伸銅品も減収

キッツ(社長堀田康之氏)が10月30日発表した2020年3月期第2四半期決算(4月1日~9月30日)

記事を読む

管材新聞 アイコン

7月度産業機械 ポンプ受注42.1%増 外需が大きく増加、内需も伸び幅2ケタ 産業機械全体では4カ月連続減

日本産業機械工業会がまとめた7月の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注額は、前年同月比42

記事を読む

管材新聞 アイコン

2015年5月 ポンプ業界の動向

日本産業機械工業会(産機工)まとめの2014年度のポンプ受注額は、同上半期(前年同期比5%減)の低迷

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年上期管材生産 軒並み低調に推移

主要管材製品の2016年上半期(1~6月)の生産(経済産業省機械統計ほか)は大方の品種で前年実績を下

記事を読む

管材新聞 アイコン

日商調べ 中小の設備投資意欲減退

日本商工会議所が5月の早期景気観測(LOBO)調査に付帯して会員中小企業に行った「2016年度設備投

記事を読む

管材新聞 アイコン

古林工業 鋼管製溶接継手を値上げ

「FKK印溶接継手」の古林工業(本社・大阪市西成区)は、4月1日出荷分より鋼管製突合せ溶接式管継手に

記事を読む

管材新聞 アイコン

【新商品】 KVK KVKKM6001ECなど

KVKは、簡単適量吐水で好評のeレバーを装着した浄水器内蔵水栓「KM6001EC」「KM5001EC

記事を読む

カクダイ副社長「商品力向上セミナー」

「経営者と社員との間に溝があると何もできない。愛社精神を育むことがオモシロイ商品開発につなが

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度設備投資計画 大企業で5年連続増加

日本政策投資銀行がまとめた大企業(資本金10億円以上)の全国設備投資計画調査結果(6月調査)によると

記事を読む

管材新聞 アイコン

10月度産業機械 ポンプ受注19.4%減 官公需・外需が減少幅2ケタ 産業機械全体では2カ月ぶり減

日本産業機械工業会がまとめた10月の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注額は、前年同月比1

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑