来年度建設投資 前年度水準を維持

公開日: : 業界ニュース

2018年度の建設投資額は17年度(見通し)比0.1%増加するという予測が出された。建設経済研究所が「建設経済モデル」を用いて見通したもので、昨年秋に出した見通し(前年度比3.2%減)を上方修正した今年初めの見通し(同横ばい)と同じで、17年度水準を維持するとみている。政府建設投資は前年度からほぼ横ばい、民間建設投資は住宅分野で前年度水準を少し上回るものの、非住宅分野で微減するとみている。新設住宅着工件数は前年度並みを見通した。

同研究所の調査は四半期ごとに行っているもので、今回調査は昨年10~12月期のQE(四半期別国民所得統計2次速報)を踏まえて予測した。

それによると、18年度の建設投資額は、民間住宅投資が微増するものの、同非住宅投資が微減、政府建設投資もほぼ横ばいとなり、全体で前年度比0.1%増の53兆8600億円と予測している。

18年度の「政府投資」は0.1%増の21兆8000億円と予測。17年度(前年度比3.3%増見通し)から後退する。国の直轄・補助事業は18年度予算の内容を踏まえ、一般会計に係る政府建設投資を前年度当初予算比横ばいとし、また、東日本大震災復興特別会計に係る政府建設投資は「復興・創生期間」における関係省庁の予算額の内容を踏まえ、それぞれ事業費を推計したという。

18年度の「民間住宅投資」は、0.3%増の15兆9000億円を予測。貸家、分譲マンションは着工減が見込まれるものの、消費増税の駆け込み需要により持家と分譲戸建ては着工増が見込まれ、住宅着工戸数は前年度比1.3%増の96万5000戸を見通している。

持家は、消費税増税による駆け込み需要の影響により前年度比5.4%増の29万9000戸を予測。

貸家は、相続税の節税対策による着工が一服するとともに、駆け込み需要の影響も小さいと想定されるため、1.1%減の40.8000戸を予測。

分譲住宅については、マンションは着工状況に大きな変化は見込まれないと考えられ、前年度比減少し、戸建ては消費増税の駆け込み需要の影響により前年度比増加と予測し、分譲住宅全体で0.6%増の25万2000戸を予測する。

18年度の「民間非住宅投資」は0.2%減の16兆1600億円と予測。「建築」投資、「土木」投資とも概ね横ばいで推移するとみている。

「事務所」は、全国的に空室率、賃料とも堅調に推移しており、需給は引き締まっている。17年度の受注額は前年同期比増となっているものの、首都圏を中心にオフィスの大量供給が見込まれる中、着工床面積が前年同期比で微減となっており、上昇傾向は落ち着くとみられるとしている。

「店舗」は、17年度の受注額が前年同期比で大きく上昇し、直近の大規模小売店舗立地法による新設の届出件数も前年並みで推移している。しかし、eコマースなどの利用拡大という消費者の購買形態の変化に伴い、中長期的には卸・小売業を取り巻く環境は依然厳しく、着工床面積は減少する傾向にあるとしている。

「工場」は、17年度で受注額、着工床面積とも前年同期を大きく上回っており、堅調に推移している。企業の設備投資計画も増加傾向がみられ、先行き不透明感が強まる世界経済の動向が国内製造業に与える影響が懸念されるものの、生産設備の拡大、生産合理化、老朽化設備の更新などプラス要因を背景とした着工増の見通しとしている。

「倉庫」は、17年度で受注額、着工床面積ともに前年度を上回って推移しており、安定した需給環境が継続する見込みである。eコマースなどの利用拡大を背景に配送の効率化に対応する高機能・マルチテナント型物流施設などの着工床面積は引き続き堅調に推移するとみられるとしている。

なお、17年度の建設投資は前年度比2.6%増の53兆8300億円と見通した。「政府投資」は、3.3%増の21兆7800億円、「民間住宅投資」は、1.1%増の15兆8500億円。新設住宅着工件数は2.2%減の95万3000戸としている。

「民間非住宅投資」は、3.2%増の16兆2000億円とまずますの水準。「民間非住宅投資」のうち、「建築投資」は1.5%増、「土木投資」は鉄道・通信・ガスなど土木インフラ系企業の設備投資が堅調に推移するとみて6.7%増としている。

管材新聞 2018年5月16日 第1738号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

1月の東京地区管材景況 売上・粗利の停滞続く 景況感一気に冷え込む

東京管工機材商業協同組合はこのほど、今年1月の「管工機材商景況動向」を発表した。 それによると

記事を読む

管材新聞 アイコン

第一環境、アズビル金門など4社、新技術「LPWA」よる自動検針開始

第一環境、アズビル金門、KDDI、京セラコミュニケーションシステムの4社は、「Sigfox 自動検針

記事を読む

管材新聞 アイコン

14年度末下水道整備状況 全国平均77.6%、整備人口61万人増加

国土交通省がこのほどまとめた2014年度末(昨年3月末)の全国下水道処理人口普及率(下水道普及率)は

記事を読む

管材新聞 アイコン

鋳鋼20カ月連続減・鍛鋼11カ月連続減 日本鋳鍛鋼会まとめ5月生産実績

日本鋳鍛鋼会がまとめた5月の鋳鋼・鍛鋼生産速報によると、鋳鋼(全国74工場)の生産量は前年同月比5.

記事を読む

管材新聞 アイコン

日商調べ 中小の設備投資意欲増大

日本商工会議所が5月の早期景気観測(LOBO)調査に付帯して会員中小企業に行った「2017年度設備投

記事を読む

TOTOの「きれい技術」はめっちゃいい! 関西弁のチラシ好評

「めっちゃキレイになるやん!」「清潔でええな!」「ツルツルやな~」「ニオイにも効くで!」

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度第2四半期 リフォーム受注低迷 住宅「給排水設備」堅調

国土交通省がこのほどまとめた2018年度第2四半期(18年7~9月)の建築物リフォーム・リニューアル

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年度フロン再生 量は約965トン

環境、経済産業両省は「フロン排出抑制法」(略称)に基づく2015年度のフロン類の再生・破壊状況をとり

記事を読む

管材新聞 アイコン

DIYショウ開催告知

日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会は、来年8月24日~26日の3日間、幕張メッセ国際展示場5・6・7・

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年ポンプ7.5%減 民需微増も官公需低迷 外需は大幅減少

日本産業機械工業会がまとめた2016年(1~12月)の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑