中小製造業の投資意欲増大傾向続く

公開日: : 業界ニュース , ,

日本政策金融公庫(日本公庫)がこのほどまとめた中小製造業設備投資動向調査結果によると、2019年度に計画する設備投資金額(19年度当初計画=19当初)は前年度実績(18実績)比4.9%減となった。ただ、当初計画は控えめに立てられるケースが多いとされるほか、前年同時期に策定された18年度当初計画(18当初)に対し5.7%の増加となっており、投資意欲は昨年度の年初に比べ増大傾向がうかがえる。

調査は経済産業省工業統計調査を基に3万社を対象に4月上旬に実施、1万294社の有効回答を得て分析した。それによると、19年度の設備投資当初計画(19当初)は18年度実績(18実績)に比べて4.9%減の2兆6709億円となった。

一方、「19当初」は前年同時期に策定した「18当初」に比べて5.7%の増加となっていることから昨年より今年の方が中小製造業の設備投資意欲が増大しているとみられる。

業種別にみると、「19当初」が「18実績」を上回ったのは輸送用機器(14%増)、化学(12%増)、食料品(8%増)、非鉄金属(4%増)、業務用機械(3%増)の5業種。
「19当初」が「18実績」を下回ったのは、印刷・同関連(37%減)、木材・木製品(36%減)、生産用機械(24%減)、プラスチック(23%減)、汎用機械(19%減)、繊維・繊維製品(16%減)、鉄鋼(14%減)、パルプ・紙(10%減)、電気機器(10%減)、窯業・土石(2%減)、金属製品(2%減)の11業種。

設備投資内容について前年の当初計画との比較をみると、主力の「機械・装置」では「19当初」は「18当初」から3%減少した(構成比57%)ほか、「船舶、車両、運搬具、耐用年数1年以上の工具・器具・備品等」が16%減少(同8%)、「土地」も37%減少(同4%)した。これに対し、建築・構築物」は2%増加した(同31%)。

「19当初」の主要な設備投資の目的を「18実績」と比較すると「公害防止」が104%増と大きく増え、「新製品の生産・新規事業への進出、研究開発」も4%増となった。「省力化・合理化」(12%減)、「省エネ」(11%減)、「更新、維持・補修」(6%減)、「能力拡充」(3%減)は減少し、生産力増強やコストダウンといった取り組みから公害対応への一層の拡充とともに、新規分野への進出などへ姿勢の変化がうかがえる。

一方、18年度の設備投資実績(18実績)をみると、「17実績」に比べ7.1%増の2兆8090億円と堅調に推移した。前年の「17実績」も「16実績」から7.0%増となっていたことを考えると、このところ設備投資は着実に増大している。

「18実績」が「17実績」より増加した主な業種は「非鉄金属」(58%増)、「木材・木製品」(26%増)、「業務用機械」(23%増)、「鉄鋼」(22%増)、「印刷・同関連」(21%増)、「金属製品」(16%増)、「生産用機械」(10%増)などで、17業種中、11業種で増加した。減少したのは「パルプ・紙」(8%減)、「繊維・繊維製品」(6%減)など。

「18実績」の投資内容では主力の「機械・装置」が7%増(構成比56%)となったほか、「建物・構築物」11%増(同29%)、「土地」3%増(同6%)で、「船舶・車両・運搬具等」は横ばい(同9%)だった。投資目的では「更新・維持・補修」投資の構成比(35%)が10年連続で最も高い割合となった。次いで、「能力増強」(構成比31%)、「新製品の生産、新規事業への進出・研究開発」(同14%)となっている。

海外拠点への設備投資動向をみると、18年度で実施した企業割合は4.0%で、17年度(4.1%)から横ばいとなっている。また、19年度の計画では4.1%となった。企業規模別に海外拠点への設備投資実施割合をみると、18年度では従業員200~299人の中小企業が15.4%減と、15年以降、上昇が続いていた(17年度は16.2%増)ものが3年ぶりに減少に転じた。

また、全体で18年度に海外拠点に設備投資を行った割合はマレーシアや台湾で増加している。18年度の上位3か国への投資目的をみると、中国、ベトナムでは「取引先の海外展開の対応」の割合が一番高く、タイでは「現地・第三国の需要開拓」が最も高くなっている。

管材新聞 2019年7月24日 第1779号より抜粋

PC

フローバル ペアコイル

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

「シーフードショー」でキッツなど出展

日本最大級の水産専門商談展示会「第18回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」(大日本水産

記事を読む

ビッグベン リトルベン アイコン

TOTO ネオレストCMがW受賞 ベン親子が好評

TOTOが15年1月から全国放映しているウォシュレット一体形便器「ネオレスト AH/RH」の

記事を読む

管材新聞 アイコン

19年度建機需要 今年度は5%増の2兆3709億円 来年度は過去最高水準へ

日本建設機械工業会(建機工)はこのほど、建設機械需要について2018年度の見込みと19年度予測を発表

記事を読む

管材新聞 アイコン

住宅リフォーム市場 毎年6兆円の需要創出

矢野経済研究所はこのほど、国内住宅リフォーム市場の調査結果を発表した。それによると、2017年の住宅

記事を読む

管材新聞 アイコン

パナソニック インドで住宅部材事業を本格展開

パナソニックは、10月からインド市場でシステムキッチンなどのを販売を開始し、住宅部材事業の本格的展開

記事を読む

管材新聞 アイコン

配管工は0.3%不足 8職種全体傾向は52ヶ月連続不足 10月の建設労働需給

国土交通省がまとめた10月の建設労働需給調査結果によると、配管工は前月(0.4%不足)から不足幅が0

記事を読む

管材新聞 アイコン

LIXIL バスルーム値上げ

LIXILは、一部の住宅用建材・設備のメーカー希望小売価格を10月1日受注分から2~20%程度値上げ

記事を読む

管材新聞 アイコン

給工財団 熊本地震の給水装置 被害状況調査委設置

給水工事技術振興財団は5月21日、熊本地震給水装置被害状況調査報告書作成委員会を設置した。調査資料を

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度末 建設許可業者数微増 管工事業は3年連続増加

国土交通省がこのほど公表した2018年度末(19年3月末)の建設業許可業者数は前年度末比0.7%増と

記事を読む

管材新聞 アイコン

古島と日本管材センターが業務提携

古島と日本管材センターの両社は11月1日付で業務提携契約を締結した。 古島は地方を中心に営業基

記事を読む

PC

フローバル ペアコイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

フローバル ペアコイル
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品.com

    配管部品 楽天市場店

    配管部品 YAHOO店

    配管部品ドットコム Amazon店

    配管部品ドットコム auPAYマーケット店

    電材部品 楽天市場店
PAGE TOP ↑