20年度建設投資 前年度微増の62兆7100億円

公開日: : 業界ニュース

 建設経済研究所はこのほど、2020年度の建設投資を前年度比0.8%増の62兆7100億円と見通した。16年度(前年度比3.7%増)、17年度(3.3%増=見込み)、18年度(0.3%増=同)、19年度(2.2%増=見通し)に続いて増加する。政府投資は0.6%増と、19年度(3.1%増見通し)に続いて増加し、民間投資は1.8%減と、19年度までの5年連続増から減少に転じると予測した。

同研究所の「建設投資の見通し」は、「建設経済モデル」を用い、国民経済計算(四半期別GDP 速報)の19 年4~6月期.1次速報を踏まえて予測したもの。建設投資は、1992年度の84兆円をピークに減り続け、10年度にはピークの半分程度にまで落ち込んだ。その後、東日本大震災からの復興などにより回復傾向を示したが、再び停滞気味となり、14、15年度とも前年度を割り込んだあと、16年度で増加に転じ、17、18、19年度と続伸した。
20年度の建設投資見通しは、政府投資が前年度水準を維持するものの、民間投資が住宅分野で伸び悩み、総額で前年度比0.8%増の62兆7100億円となる見通しである。

政府投資は0.6%増の21兆4700億円で、19年度(3.1%増)に続いて増加する。

国の直轄.補助等事業費については、公表された20年度予算の各府省概算要求の内容などを踏まえ、一般会計に係る政府建設投資を前年度当初予算から微増とし、また、東日本大震災復興特別会計に係る政府建設投資は公表された20年度予算の復興庁概算要求の内容等を踏まえ、それぞれ事業費を推計したとしている。また、地方単独事業費については、総務省がまとめた令和2年度の地方財政の課題で示された地方財政収支の仮試算の内容を踏まえ、20年度予算について前年度並みとして事業費を推計したとしている。
一方、民間投資は、住宅分野では分譲戸建てが着工増となるものの、持家、貸家及び分譲マンションの着工減が見込まれることから住宅着工戸数は前年度比4.2%減、民間住宅投資全体で1.2%減の17兆200億円と予測した。
持家は、政府による住宅取得支援策の効果が弱まると見込まれるため、前年度比減少と予測。貸家は、減少率は小さくなるものの、状況に大きな変化はないと見込まれるため、前年度比減少と予測。分譲マンションも状況に大きな変化はないと見込まれ、前年度比減少と予測。分譲戸建ては、引き続き開発が前向きに進められていくと見込まれるため、前年度と同水準と予測。
また、非住宅分野では民間非住宅建築着工床面積を前年度比0.2%減と予測し、非住宅建築投資は1.3%増、民間土木投資は6.1%増、非住宅建設投資全体では2.9%増の17兆9100億円と予測した。
事務所は、大都市圏を中心とした大型再開発プロジェクトなどの着工が見込まれることから着工床面積は引き続き堅調に推移する見通し。店舗は、14年度から減少傾向が続いており、19年度も4~7月の累計で前年度比20.9%減となり、受注額も同期間累計で前年度比32.2%減となっている。工場は、18年度までの老朽化に伴う新設や能力の増強などの投資の勢いが鈍り、19年度に入ってから減少が続いている。倉庫は、高機能.マルチテナント型物流施設などの着工が控えていることから増加傾向で推移するとみられる。
民間土木投資は、27年開業予定のリニア中央新幹線(品川.名古屋間)など大型プロジェクトへの投資が見込まれ、底堅く推移するとみられる。
20年度の建築物リフォーム.リニューアル投資は、1.2%増の7兆7100億円(うち民間投資は1.0%増の6兆3100億円)を見通している。
なお、19年度の建設投資(見通し)は、前年度比2.2%増の62兆2100億円。このうち政府投資は3.1%増の21兆340億円と、18年度(2.6%減)の低迷から増加に転じた。民間住宅投資は1.8%増の17兆2200億円、民間非住宅投資は1.9%増の17兆4100億円。

管材新聞 2019年10月23日 第1788号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

管材新聞 社説 2015.10.14

○住宅リフォーム推進協議会(リ推協)などリフォーム関連の15団体は「リフォームで生活向上プロジェクト

記事を読む

管材新聞 アイコン

2014年度産業機械 ポンプ受注0.3%増 内需0.7%減、外需3.2%増 産業機械全体では2年連続増

日本産業機械工業会がまとめた2014(平成26)年度の「産業機械受注状況調査」によると、ポンプの受注

記事を読む

7月度産業機械 ポンプ受注1.1%増 製造業.非製造業.外需減、官公需と代理店が増

産業機械全体では4カ月連続減 日本産業機械工業会がまとめた7月の「産業機械受注状況調査」による

記事を読む

管材新聞 アイコン

アズビル金門 IoT活用の水道メータソリューション展開

アズビル金門はIoT活用による「水の管理の実現」を確実に進めている。 同社では2017年11月

記事を読む

管材新聞 アイコン

建機需要予測 17年度2兆1165億円、9%増 旧型機更新需要で国内増 18年度2兆781万円、2%減

日本建設機械工業会(建機工)はこのほど、建設機械需要の2017年度および18年度予測をまとめ

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立金属 配管機器事業を再編 日立バルブを簡易吸収分割

日立金属は7月26日、完全子会社の日立バルブの営業および開発部門を簡易吸収分割により継承し、日立バル

記事を読む

管材新聞 アイコン

超高層マンション 建設・計画約10.6万戸

全国で建設・計画されている超高層マンション(20階建て以上)は約10.6万戸あることが不動産経済研究

記事を読む

管材新聞 アイコン

PVCデザインアワード 作品・製品募集中 優秀作を11月表彰

ソフトPVC(軟質塩ビ)関連4団体(日本プラスチック製品加工組合連合会、日本ビニール商業連合

記事を読む

管材新聞 アイコン

テンプHD子会社 建設現場の女性リーダーを育成

テンプスタッフキャリアコンサルティングは、国土交通省から「建設業における女性の更なる活躍に向けた研修

記事を読む

管材新聞 アイコン

塩ビライニング鋼管 公共建築工事標準仕様書掲載40年 依然高シェア、リサイクルでも成果

配管の調査研究を行っている配管システム研究所はこのほど、公共建築工事において塩化ビニルライニング鋼管

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑