建機需要予測 17年度2兆1165億円、9%増 旧型機更新需要で国内増 18年度2兆781万円、2%減

公開日: : 業界ニュース

建設機械の2017~2018年度需要見通し

日本建設機械工業会(建機工)はこのほど、建設機械需要の2017年度および18年度予測をまとめ、発表した。それによると、17年度は前年度比9%増の2兆1165億円を見込んでいる。建設投資の高水準が続くとみられることに加え、旧規制機の需要がレンタル業界を中心に堅調に推移するとして堅調な伸びを見込んだ。ただ、18年度は2%減の2兆781億円を予測している。

17年度上期見込み値は今年2月末時点の見通しを上回ったが下期は下回り、通期予測はほぼ変わらない結果となった。

建機工が発表した会員社対象のアンケート結果によると、国内の市場環境予測(年度)は
①公共投資=17年度下期は「増加」6%、「横ばい」66%、「減少」28%、18年度は「増加」の割合が高まるが、横ばいが大勢を占めるも弱含みの見方にシフト
②民間設備投資=「横ばい」が大勢を占めるも18年度に「減少」の見方が強まる
③住宅投資=「横ばい」が大勢を占めるが、18年度下期は「減少」回答の割合が上昇
―となっている。

海外需要(暦年)については
①北米=鉱山向けの低迷が続くが、住宅およびエネルギーの堅調を見込み、17年は増加が大勢を占め、18年も半数近くが「増加」と回答
②欧州=17年・18年を通じて増加が大勢を占める
③中国除くアジア=17年は「増加」が大勢を占め、18年も「増加」へ期待感が続く
④中国=17年は65%が増加と回答し、18年は「横ばい」の割合が高まるが、好調維持を期待
―となった。

建機工調べの建設機械の17年度の国内出荷は、上期見込み実績が4562億円(前年同期比17%増)、下期予測が4680億円(2%減)で、通期は9242億円(7%増)で2年ぶりの増加を予測。建設投資の高水準が続くと見込まれることに加え、主力機種が含まれるエンジン定格出力D1~D4クラスの14年次排ガス規制生産猶予期間終了に伴う旧規制機の需要がレンタル業界を中心に見込まれ8機種が増加する。下期はその反動減により減少するが、年度全体では2年ぶりに増加する。

18年度の国内出荷予測は、上期が4212億円(8%減)、下期が4437億円(5%減)で、通期では8649億円(6%減)。一部機種で反動減の継続が予想され、前年度比減を予測している。

一方、輸出については、17年度は上期見込み5894億円(16%増)、下期予測6029億円(6%増)で、通期は1兆1923億円(11%増、3年ぶり増)を予測している。北米の住宅建設堅調に加え、インドネシアやCISなどの鉱山向け需要の増加により8機種が増加するとみて3年ぶりの増加を予測。

18年度は、上期が6005億円(2%増)、下期が6127億円(2%増)、通期で1兆2132億円(2%増、2年連続増)を予測している。北米向けが堅調に推移すると見込み、2年連続増加を予測。

また、建機工は需要予測時に、油圧ショベルとミニショベルの生産と出荷について海外と国内の比率をまとめ公表している(調査対象各10社。台数ベース)。それによると、油圧ショベルの状況は

▽17年予測=海外生産45対国内生産55/海外出荷77対国内出荷23
▽18年予測=48対52/82対18。ミニショベルは▽17年予測=20対80/77対23▽18年予測=21対79/77対23となっている。

建機工では、「2年度連続の2兆円超の水準となると予測し、補給部品を含めた予測値では17年度が直近のピークだった2007年度(2兆6757億円)に次ぐ水準、18年度も17年度比で減ながら高水準を期待する」(建機工会長)としている。また、同会長は今後について、Iコンストラクションへの対応や最新の排出ガス規制対応機の噴き優促進など大きな環境変化を見据えて産業力強化を図ることが重要課題であり、この先数年が建機業界にとって正念場であるとの見方を示した。

管材新聞 2017年9月13日 第1714号より抜粋

PC

フローバル ペアコイル

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

8月新設住宅着工、6カ月連続増 持家・貸家各4カ月連続増、分譲住宅も再び増

国土交通省が発表した8月の新設住宅着工戸数は、前年同月比8.8%増(6カ月連続増)の8万255戸とな

記事を読む

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月期第2四半期決算(4月1日~9

記事を読む

昨年度建築物リフォーム 2年連続で減少 住宅分野は微増

昨年度建築物リフォーム 2年連続で減少 住宅分野は微増 国土交通省がこのほどまとめた2018年

記事を読む

管材新聞 アイコン

「住み替えよりリフォーム」8割超え LIXIL調べ

政府が打ち出した「中古住宅流通市場・リフォーム市場の規模を20兆円まで倍増」計画に則った施策が充実す

記事を読む

TOTO 東京オリンピック オフィシャルパートナー アイコン

TOTO 東京五輪のオフィシャルパートナーへ

TOTOは2月24日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2

記事を読む

管材新聞 アイコン

積水化学 塩ビ管など値上げ 5月22日出荷分から15~20%以上

積水化学工業は、塩化ビニル管および関連製品などの価格を5月22日出荷分から改定(値上げ)すると発表し

記事を読む

三栄水栓 cye アイコン

2016注目の新製品 三栄水栓製作所 デザイン混合栓「cye」(サイ)

デザイン混合栓シリーズ「cye」(サイ)は、新たな要素を加えず、既にある要素「再」のみを取り

記事を読む

管材新聞 アイコン

大企業の行動意識 国内の有形固定資産投資に注力

日本政策投資銀行は、大企業の全国設備投資計画調査に付随して「広義の投資」についての企業行動の意識調査

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立製作所 米空圧機メーカー買収 北米産業ビジネスに参入

日立製作所は4月25日、ルクセンブルグのアキュダイン社と、アキュダインの子会社および保有資産で運営さ

記事を読む

管材新聞 アイコン

東日製作所 「ねじ締めトラブル解決セミナー」開催

東日製作所は9月14日、東京コンファレンスセンター品川で「ねじ締めトラブル解決セミナー」を開催した。

記事を読む

PC

フローバル ペアコイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

フローバル ペアコイル
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品.com

    配管部品 楽天市場店

    配管部品 YAHOO店

    配管部品ドットコム Amazon店

    配管部品ドットコム auPAYマーケット店

    電材部品 楽天市場店
PAGE TOP ↑