1月の東京地区管材景況 売上・粗利の停滞続く 景況感一気に冷え込む

公開日: : 業界ニュース

東京管工機材商業協同組合はこのほど、今年1月の「管工機材商景況動向」を発表した。

それによると、前月プラス5.7ポイントだった景況感は、「好況」回答が大きく下降し「悪い」回答が上昇した結果、「好況」から「悪い」を差し引いた数値はマイナス52.9ポイントまで一気に下降した。売上高の「増加」回答は集計6品目中上向き2品目・下降4品目で平均ではごくわずかな上昇、「減少」回答もわずかに下降した。全体の「増加」回答から「減少」回答を差し引いた数値は前月に続きマイナスを示し、その数値は前月のマイナス4.9ポイントからわずかに縮小しマイナス4.7ポイントだった(2カ月連続「減少」超)。粗利益額の「増加」回答も上向き1品目・下降4品目(横ばい1品目)で、合計値は4.3ポイント下降し、「減少」回答が8.6ポイント下降した結果、こちらも2カ月連続の「減少」超だった(マイナス3.7ポイント。前月マイナス8.0ポイント、前々月プラス13.9ポイント)。1月は売上高.粗利とも多くの品目で「増加」回答が下降しており、景況感の下向き傾向が続いた。

1月調査結果の概要は次の通り。カッコ内は前月実績。

全般的景況

▽全体的に好況…0.0%(0.0%)
▽部分的に好況…5.9%(27.8%)
▽全般的に普通…35.3%(50.0%)
▽部分的に悪い…41.2%(11.1%)
▽全体的に悪い…17.6%(11.1%)

「全体的に好況」が2カ月続いてゼロを示し、「部分的に好況」が21.9ポイント下降した。「全般的に普通」は前月の50.0%から35.3%に下降した。一方、「部分的に悪い」が前月の11.1%から30.1ポイントも上昇し前月11.1%だった「全体的に悪い」が17.6%に上昇した結果、「悪い」は36.6ポイント上昇した。これにより「好況」(5.9%)から「悪い」(58.8%)を差し引いた数値はマイナス52.9ポイントで、3カ月ぶりにマイナスに沈み、その沈降幅は58.6ポイントもの大きさだった。11月に大きく持ち直したようにみえた景況感だが、12月と1月の沈下幅が大きいことから、景況感は一気に冷え込んだように見える。

資金繰り

▽好転…0.0%(5.6%)
▽変わらず…100.0%(88.9%)
▽悪化…0.0%(5.6%)

2カ月連続で5.6%だった「好転」回答がゼロに沈み、前月ひさびさに現れた「悪化」回答もゼロとなり、昨年9月以来の「変わらず」100%だった。

売上高

「増加」は21.0%、「減少」は25.2%で差し引きマイナス4.2ポイント(前月マイナス4.9ポイント)で、2カ月連続「減少」超だったが、その数値はわずかに縮小した。前月比で「増加」は0.1ポイント上昇し、「減少」が0.6ポイント下降した(「変わらず」は0.4ポイント上昇)。内訳をみると、「増加」回答は「住設商品」が5.9ポイント、「ポンプ」が18.7ポイント上昇し「化成品・塩ビ」が横ばいだったほか3品目が下降した(幅は「管継手バルブ」5.5ポイント~「水栓衛陶」11.7ポイント)。「減少」回答は「管継手バルブ」「化成品・塩ビ」が各11.1ポイント上昇したほか4品目が下降した(幅「空調機器」6.7ポイント~「ポンプ」18.8ポイント)。「増加」回答から「減少」回答を引いた値はプラス2品目(「空調機器」「ポンプ」約13ポイント)、「住設商品」が横ばい、マイナス3品目(「化成品・塩ビ」5.6ポイント、「管継手バルブ」22.2ポイント、「水栓衛陶」23.5ポイント)。

平均値で「増加」回答が上昇、「減少」回答が下降したが、いずれも小数点以下の変動であり、前月の停滞傾向が続いたとみてよい。

粗利益額

「増加」回答(合計17.4%)は「ポンプ」が13.7ポイント上昇し「化成品・塩ビ」が横ばいだったほか4品目が下降し(幅は「住設商品」5.1ポイントから「水栓衛陶」17.6ポイントまでばらついた)、合計では前月比4.3ポイント下降した。「減少」回答(合計21.1%)は「化成品・塩ビ」が横ばい、「水栓衛陶」が5.9ポイント上昇したほか4品目が下降し(幅「管継手バルブ」5.5ポイント~「住設商品」16.2ポイント)、全体では8.6ポイント下降した。「変わらず」は61.6%で12.9ポイント上昇した。「増加」から「減少」を差し引いた数値は前月のマイナス8.0ポイントからマイナス3.7ポイントに縮小した(2カ月連続マイナス)。

1月は12月に対し、売上高・粗利とも「増加」回答から「減少」回答を差し引いた数値のマイナス幅が縮小しているが、売上高は各回答の数値の変動幅が小さく停滞傾向のまま横ばい、粗利も「変わらず」回答の上昇幅が大きく売上高同様停滞が続いているようにみえる。各品目の「増加」回答の動きをみると、売上高・粗利とも上昇した品目は「ポンプ」のみ、「住設商品」は売上高が上昇し粗利が下降、「化成品・塩ビ」は売上高・粗利とも横ばい、ほか3品目は売上高・粗利とも下降した。

販売価格

「上昇」回答は、前月5.6~6.7%だった5品目がゼロに沈み、ゼロのまま横ばいの「ポンプ」とあわせ全品目ゼロだった。「下落」回答は上昇2品目(幅「管継手バルブ」5.5ポイント、「化成品・塩ビ」5.6ポイント)、下降3品目(幅「住設商品」5.5ポイント~「空調機器」「ポンプ」6ポイント台前半)で全体では5.0%(1.2ポイント下降)。「上昇」から「下落」を差し引いた数値は4カ月連続の「下落」超(マイナス5.0ポイント、前月比3.8ポイント拡大)となった。

引続きすべての品種で「変わらず」が多くを占め(「管継手バルブ」88.9%、3品目が約93~94%、「水栓衛陶」「ポンプ」各100.0%)、全体の数値は前月比6.1ポイント上昇し95.0%だった。

在庫額

「増加」が5.1%(前月比6.8ポイント下降)、「減少」は7.9%(4.9ポイント下降)、「変わらず」87.1%(11.7ポイント上昇)であった。品種別動向でも在庫額は「変わらず」回答が最も高い比率を維持している。「変わらず」回答は6品目とも上昇(幅「空調機器」6.7ポイント~「水栓衛陶」17.6ポイント)。「増加」回答は「住設商品」「空調機器」が横ばい、ほか4品目が下降(幅「化成品・塩ビ」5.5ポイント~「管継手バルブ」16.7ポイント)。「減少」回答は「管継手バルブ」「ポンプ」が横ばい、ほか4品目が下降(幅「化成品・塩ビ」5.5~「水栓衛陶」11.7ポイント)。

管材新聞 2019年4月10日 第1770号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

4月新設住宅着工、5カ月ぶり減 持家7カ月連続増ながら分譲住宅9カ月ぶり減 貸家8カ月連続減

国土交通省が発表した4月の新設住宅着工戸数は、前年同月比5.7%減(5カ月ぶり減)の7万9389戸と

記事を読む

TOTO 東京オリンピック オフィシャルパートナー アイコン

TOTO 東京五輪のオフィシャルパートナーへ

TOTOは2月24日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2

記事を読む

管材新聞 アイコン

国交省 昨年度建設業法令違反増加 「社保」問題解決に注力

国土交通省は、各地方整備局などに設置している「建設業法令遵守推進本部」の2015年度活動結果を公表し

記事を読む

管材新聞 アイコン

DIY協会 創立40周年の2020年に記念事業を展開

日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会は6月2日、一般社団法人化後4回目の通常総会を第一ホテル東京(東京都

記事を読む

昨年度 建設工事の裁判外紛争 141件といぜん多い

建設工事にかかわる裁判外紛争処理機関「建設工事紛争審査会」(中央審査会・都道府県審査会)はこのほど、

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年のバルブ生産金額 2年連続増加

2015年のバルブ生産高(経済産業省まとめ)は生産重量こそ前年実績を下回ったが、生産金額は微増ながら

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年輸出船契約8割減 24年ぶりの低水準

日本船舶輸出組合がまとめた2016年(1~12月)の輸出船契約実績は約371万6000総トン、前年比

記事を読む

日栄インテック アグリ・ビジネス・ジャパン

日栄インテック アグリ・ビジネス・ジャパンで植物工場などが注目

アグリ・ビジネス・ジャパン2017(アグリ・ビジネス・ジャパン実行委員会主催)が9月13~1

記事を読む

管材新聞 アイコン

5月の東京地区管材景況 売上・粗利とも減少 景況感さらに悪化

東京管工機材商業協同組合はこのほど、5月の「管工機材商景況動向」を発表しました。景況感は、「好況」回

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年度伸銅品需要 当初見通し下方修正 銅管は4.6%減と低調

日本伸銅協会はこのほど、2015年度の伸銅品需要(生産)について当初の前年度比微増予想を下方修正し、

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑