15年度伸銅品需要 当初見通し下方修正 銅管は4.6%減と低調

公開日: : 業界ニュース

日本伸銅協会はこのほど、2015年度の伸銅品需要(生産)について当初の前年度比微増予想を下方修正し、前年度を3.4%下回ると見通した。今年3月見通しの81万6900トン(14年度実績見込み比0.2%増)から78万7200トンに改訂した。本紙関連の銅管も下期にやや回復するものの低調から脱しきれず、前年度比4.6%減の11万300トンにとどまるとみている。

15年度上期の伸銅品生産は、4~6月期に前年同期比7.4%減と大きく低迷し、7~9月期も振るわず、主要品種のすべてが前年比ダウンした。昨年4月の消費増税後に需要の落ち込んだ自動車と住宅、夏場以降に伸び悩んだエアコンなどの白物家電がいずれも伸銅品の需要に大きく影響し、銅管や黄銅棒だけでなく、板状品種も順次低迷した。とくに、エアコンは今年度に入っても需要低迷から回復せず、上期の需要期にも低迷を続けた。

伸銅品の主要品種のすべてが前年同期比減少した上期に対し、下期は製品在庫の調整が一巡し、10~12月期以降に本格的な回復に向かうものと、同協会はみている。

本紙関連の製品をみると、「銅管」の15年度上期生産は、エアコン低迷を背景に盛り上がりに欠け、輸出も低調に終わった。15年度上期のエアコン需要は14年度の消費増税後の反動減や同年夏の天候不順が重なり、15年度まで影響が尾を引いた。7月後半からの猛暑によりエアコン需要に変化が現れるなど製品在庫消化への期待があるものの、夏後半の天候不順により需要への効果は不透明だ。ただ、年度後半には徐々に回復に向かうと見込まれており、下期の銅管需要回復に効果を及ぼす兆しが見受けられる。

冷媒管は、15年夏の猛暑によるエアコンの据付需要により増加した。エコキュートは、震災以降、引き続き需要低迷を続けている。冷蔵庫・ショーケースなどは大型機種を中心に好調を維持。補助金が15年度も継続となり、需要を後押ししている。

以上を総合的にみて、同協会は15年度の「銅管」生産を当初の見通し(11万4600トン)を下回り、前年度比4.6%減の11万300トン(上期5万2500トン・下期5万7800トン)と見通した。

給排水衛生管、自動車・二輪車配管、プランドや船舶向けのコンデンサー管などが主要需要となる「黄銅管」の15年度生産は、当初見通しの9100トンから今回、9400トン(14年度比8.9%増)に改訂した。

住宅・建築需要向け給排水衛生管は、消費増税後の需要減の影響を受けてきたが、15年度については足元の水準を維持し横ばいが予想される。

ガス機器、水栓金具、バルブの3分野が主要需要となる「黄銅棒」の15年度生産は、当初見通しの18万4900トンから今回、17万8100トン(前年度比3.1%減)に改訂した。

黄銅棒の主要な需要先である住宅分野は、消費増税の影響を最も受けた分野の一つといわれており、新設・リフォームともに需要は低迷し、水栓金具、ガス機器、バルブはいずれも弱含みで推移した。14年秋口から落ち込んだ黄銅棒需要は15年度上期まで前年比マイナスが続いている。15年夏頃から新設住宅着工が底入れをみせ、着工件数は徐々に増加の気配がみえ始めている。

ガス機器は需要期に向けた動きもあり、在庫調整の影響が尾を引く中で総じて低位横ばいが見込まれる。水栓金具もリフォーム需要に関わりが深く、消費増税後の反動減影響による調整が長く続いたが、上期中の底入れにより徐々に微増傾向がみえ始めると考えられる。バルブ類は前年度比横ばいが見込まれるほか、機械部品、継手ともに今後の住宅建設の需要の戻りに期待が持たれている。

以上の状況から多少のタイムラグを経てガス機器、水栓金具、バルブなどの主要分野の「黄銅棒」は下期以降に徐々に回復するものとみられている。

管材新聞 2015年10月28日 第1646号より抜粋

PC

フローバル ペアコイル

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

昨年のエアコン国内出荷家庭用、業務用とも好調

日本冷凍空調工業会がこのほどまとめた2018年(1~12月)のルームエアコン(家庭用エアコン)の国内

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年設備工事受注堅調管工事は8%ダウン

国土交通省がまとめた2015年の設備工事業受注高調査(電気工事、管工事、計装工事各主要20社)による

記事を読む

管材新聞 アイコン

キッツ 製品価格を5月 7~10%値上げ

キッツは4月5日、製品のメーカー希望販売価格を5月1日出荷分から7~10%値上げすると発表した。

記事を読む

藤森義明 アイコン

LIXIL社長にモノタロウの会長が就任するとのこと

年の瀬にビックリするニュースが舞い込んできました。 LIXIL藤森社長が退任へ 後任に瀬戸欣哉

記事を読む

管材新聞 アイコン

給工財団 熊本地震の給水装置 被害状況調査委設置

給水工事技術振興財団は5月21日、熊本地震給水装置被害状況調査報告書作成委員会を設置した。調査資料を

記事を読む

管材新聞 アイコン

平成30年度新設住宅着工、2カ年度ぶり増 持家・分譲住宅が増、貸家は減少

国土交通省が発表した平成30年度の新設住宅着工戸数は、前年度0.7%増(2カ年度ぶり増)の95万29

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度上期建設工事受注 前年度比4%増 土木工事が好調

国土交通省の建設工事受注動態統計調査による2016年度上半期(4~9月)の建設工事受注額は、前年同期

記事を読む

和式トイレ アイコン

学校のトイレ、6割がまだ和式

「学校で児童・生徒のために改善が必要と思われるのはどこですか?」の問いに、学校教職員の59%

記事を読む

管材新聞 アイコン

JFE継手 配管用継手など価格引き上げ

JFE継手は、来年2月1日出荷分より一般配管用継手、給水配管用継手などの価格改定(引き上げ)を実施す

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 「経費節減カタログ Vol.5」発刊 1万7000点掲載

MonotaRO(モノタロウ)はこのほど、ユーザーのコスト削減に役立つプライベートブランド(PB)商

記事を読む

PC

フローバル ペアコイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

フローバル ペアコイル
電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品.com

    配管部品 楽天市場店

    配管部品 YAHOO店

    配管部品ドットコム Amazon店

    配管部品ドットコム auPAYマーケット店

    電材部品 楽天市場店
PAGE TOP ↑