モノタロウ 茨城に大型物流拠点建設

公開日: : ニュース, メーカー紹介, 業界ニュース

工業用間接資材通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)は、茨城県笠間市に約50万アイテムの商品在庫が可能な大型物流施設「笠間ディストリビューションセンター」を建設する。4月15日、同所で起工式を執り行った。17年1月に竣工、同3月に本格稼働予定。

プレスリリース「笠間ディストリビューションセンター」の起工式を開催

同センターは、同時に10トントラック40台以上の入出荷が可能で、1日2万行の入荷および同4万件の出荷キャパシティを有する。また、開設初期段階の計画として、200人以上の新規雇用を計画している。

【笠間ディストリビューションセンター概要】
▽所在地=茨城県笠間市平町字原1877番3
▽敷地面積=約9万平方メートル
▽計画延床面積:約5万6192平方メートル
▽構造=鉄筋構造平屋建て
▽主な設備=デジタルピッキングシステム、無人棚搬送システム

管材新聞 2016年5月4日 第1665号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

LIXILリフォームフェア2018

LIXIL リフォーム需要顕在化へ 全国5会場でフェア

LIXILは、「LIXILリフォームフェア2018」を全国5会場で展開中。水まわりから玄関・

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年のバルブ生産金額 2年連続増加

2015年のバルブ生産高(経済産業省まとめ)は生産重量こそ前年実績を下回ったが、生産金額は微増ながら

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年度設備投資計画 大企業で5年連続増加

日本政策投資銀行がまとめた大企業(資本金10億円以上)の全国設備投資計画調査結果(6月調査)によると

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年度フロン再生 量は約965トン

環境、経済産業両省は「フロン排出抑制法」(略称)に基づく2015年度のフロン類の再生・破壊状況をとり

記事を読む

管材新聞 アイコン

LIXIL 上海にアジア最先端の研究開発拠点

LIXILは、中国・上海ビジネスパーク内にアジアの研究開発拠点の中心となる施設をこのほど新設した。同

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年度 大手建設50社受注額 6.5%増、3年連続増加

国土交通省がまとめた2018年度の建設大手50社の工事受注総額は、前年度比6.5%増の15兆8590

記事を読む

東尾メック Su管用新拡管継手「KKベスト」市場投入

東尾メックは、接続のし易さと視認性を追求したステンレス薄肉管用新拡管式継手「KKベスト」を新

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年の環境産業市場規模 過去最大の105兆円超 経済・雇用への影響増大

環境省はこのほど、環境産業の市場規模・雇用規模などの推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年輸出船契約8割減 24年ぶりの低水準

日本船舶輸出組合がまとめた2016年(1~12月)の輸出船契約実績は約371万6000総トン、前年比

記事を読む

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッド給湯システムに価格を抑えた給

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑