18年上半期管材生産 大方の品種で堅調

公開日: : 業界ニュース

主要管材製品の2018年上半期(1~6月)の生産高(経済産業省機械統計ほか)は、大方の品種で前年実績を上回った。バルブ、管継手、家庭用電気ポンプ、鋳鉄管は順調に生産を伸ばし、ポンプ、塩化ビニル管・継手、鋼管類も前年同期水準をほぼ維持した。

バルブの生産金額は前年同期比9.5%増の2475億円と順調に増加した。生産重量も3.1%増の7万6770トンとまずまずの水準を維持した。

品種別にみると、おおむね前年実績を上回っている。金額で大幅に伸びたのが「ステンレス弁」で、21.3%増の588億円、重量でも15.6%増であった。「高温高圧弁」は金額で13.0%増の33億円となったが、重量は7.1%減にとどまった。「自動調整弁」は金額で11.7%増の800億円、重量で6.3%増、「給排水栓類」は金額で3.4%増の555億円、重量で8.2%増、「鋳鋼・鍛鋼弁」は金額で7.3%増の65億円、重量で5.7%増といずれも堅調に推移した。

「青銅・黄銅弁」は金額2.6%増の148億円、重量2.5%減、「鋳鉄弁」は金額1.2%減の283億円、重量4.2%減と伸び悩んだ。

ポンプの生産金額は前年同期比0.2%増の1133億円、生産台数は1.1%増の124万29台と横ばいであった。

ただ、品種別にみると、好調・不調の格差がみられる。主力の「うず巻ポンプ」は金額で6.2%減の499億円、台数でも10.7%減の21万3785台にとどまり、ポンプ全体の生産高を引き下げた。「その他のポンプ」は金額で2.8%減の114億円であったが、台数で3.6%増の16万5208台、「水中ポンプ」は金額で5.8%増の135億円、台数で3.0%減の22万7595台と、いずれもちぐはぐな結果となった。乱高下する「軸・斜流ポンプ」は金額29.5%減の66億円、台数1.8%減の216台にとどまった。

一方、「耐食性ポンプ」は金額22.6%増の250億円、台数4.5%増の44万5563台、「回転ポンプ」も金額24.1%増の66億円、台数12.8%増の18万7662台と好調だった。

家庭用電気井戸ポンプの生産台数は、前年同期比7.3%増の9万8309台、販売台数も11.6%増の9万8011台と生産高を伸ばした。

管継手の生産金額は前年同期比5.6%増の518億円、生産重量も3.5%増の4万9383トンと順調に推移した。

品種別に金額ベースでみると、「鋼管製」が9.4%増の291億円と好調だった。「可鍛鋳鉄製」は1.5%増の101億円、「非鉄金属製」は1.0%増の124億円であった。

普通鋼の鋼管生産高は前年同期比2.4%増の218万8195トンであった。

用途別にみると、「特殊配管用管」が4.7%増、「かん用管」が24.6%増、「油井管」が11.5%増、「電線管」が7.7%増、「構造用管」が4.4%増、「冷けん用原管」が11.4%増であった。「配管用管」は1.5%減、「その他」も31.3%減と低調だった。

特殊鋼の「熱間鋼管」は1.4%減の90万2342トン、「冷けん鋼管」は1.9%増の8万4284トンであった。

ステンレス溶接鋼管の生産重量は前年同期比1.2%増の5万5982トンであった。

品種別にみると、主力の「配管用」は0.7%増、次位の「構造・装飾用」は1.1%増、「自動車排ガス用」は2.1%増と小幅な伸びにとどまった。「水道・屋内配管用」は1.0%増、比重の小さい「サニタリー用」は23.3%減と低調だった。

鋳鉄管の生産重量は前年同期比16.8%増の13770トン、販売重量も15.1%増の11万9945トンと好調だった。

塩ビ管の生産重量は前年同期比1.0%減の13万6298トン、出荷重量も4.3%減の13万5041トンと伸び悩んだ。塩ビ継手の生産重量は3.3%増の1万3985トンとまずまずだったが、出荷重量は6.3%減の1万3667トンと振るわなかった。

管材新聞 2018年10月24日 第1753号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

積水化学工業 ベトナム大手樹脂管 「TP社」に資本参加

積水化学工業はこのほど、ベトナムのプラスチックパイプメーカー「TIEN PHONG PLASTIC

記事を読む

管材新聞 アイコン

昨年度設備工事受注 続伸して6.5%増「管工事」9年連続増

国土交通省がこのほどまとめた2018年度の設備工事3業種(電気・管・計装工事の各主要20社)の受注額

記事を読む

管材新聞 アイコン

モノタロウ 1万円で揃う全身防寒コーディネート

昨年11月、関東地方で観測史上初の積雪を記録したことは記憶に新しいが、工業用間接資材の通信販売最大手

記事を読む

管材新聞 アイコン

イシグロ 沖縄の「協同バルブ商事」グループ会社化

配管機材専門商社のイシグロはこのほど、協同バルブ商事から事業譲渡を受けることで合意に達したと発表した

記事を読む

管材新聞 アイコン

日商調べ 中小企業の今年度設備投資44%が前年度並み実施予定

日本商工会議所が5月の早期景気観測(LOBO)調査に付帯して会員中小企業に行った「2019年度設備投

記事を読む

配管メーカー ベンカンがブロック玩具「チューブロック」を開発 2016年9月発売予定

群馬県に本社がある配管継手メーカー、株式会社ベンカンが、ブロック玩具「チューブロック」を開発

記事を読む

管材新聞 アイコン

ポンプ動向記事 2016年3月

ポンプの景況が徐々に回復してきた。経済産業省集計のポンプ生産高をみると、ここ数年減少を続けていた生産

記事を読む

管材新聞 アイコン

日立建機など 管工事向け小型締め固め機械2機種発売

日立建機と同社子会社、日立建機カミーノはこのほど、管工事や道路補修工事で威力を発揮する小型の締め固め

記事を読む

NTN 小水力発電装置

NTN 既存の水路に簡単設置できる小水力発電 12月発売へ

NTNは、福島県須賀川市の新安積疏水で今年6月から9月の3か月間にわたって実施していた新開発

記事を読む

管材新聞 アイコン

来年度建設投資 前年度水準を維持

2018年度の建設投資額は17年度(見通し)比0.1%増加するという予測が出された。建設経済研究所が

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものから、

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑