企業景況見通し 大・中堅で「上昇」、中小は「下降」

公開日: : 業界ニュース

内閣府・財務省の第59回法人企業景気予測調査(調査時点2018年11月15日)によると、足元(10~12月期)の景況判断BSI(「上昇」から「下降」を引いた社数構成比)は大企業、中堅企業で「上昇」超となったが、中小企業では「下降」超となり、1~3月期、4~6月期でも同様の見通しを立てていることが分かった。中堅企業では製造業が先行きに厳しい見方をしている。

10~12月期の企業の景況現状判断は、大企業製造業でプラス5.5、非製造業でプラス3.7、大企業全体でプラス4.3と堅調である。1~3月期見通しでも全体でプラス4.7(製造プラス4.2、非製造プラス5.0)とほぼ現状維持を見通しているものの、4~6月ではプラス1.4(製造プラス0.2、非製造プラス1.9)とかなり後退するとみている。

中堅企業は先行きについて大企業よりさらに厳しい見方をしており、現状判断は製造業がプラス7.8、非製造業がプラス5.5で、全体でプラス6.0と好調だが、1~3月期見通しでは全体でプラス3.5(製造マイナス2.0、非製造プラス5.1)と、製造業の悪化でペースダウンし、4~6月期見通しでプラス0.4(製造プラス3.5、非製造マイナス0.5)となり、製造業でやや回復を見通すものの、非製造業で落ち込むと見通している。

一方、中小企業では全業種で現状、見通しともマイナスと厳しい業況がうかがえる。現状判断で製造業がマイナス6.4、非製造業でマイナス4.6、全体でマイナス4.6と低迷し、1~3月期見通しは全体でマイナス6.5(製造マイナス9.0、非製造マイナス6.0)といぜん落ち込みが続き、4~6月期についても全体でマイナス4.2(製造マイナス6.0、製造マイナス3.9)と回復のめどを見出せないでいる。

企業の「国内景況」の認識については、現状判断として大企業はプラス4.7、1~3月期はプラス3.3、4~6月期はプラス3.5と概ね堅調な見方をしている。中堅企業は現状判断が3.8、1~3月期はプラス2.0、4~6月期はプラス2.6としている。中小企業は現状判断がマイナス3.0、見通しも1~3月期でマイナス6.7、4~6月期でマイナス4.1と厳しい見方が主流だ。とくに、製造業は現状マイナス4.8、1~3月期マイナス8.3、4~6月期マイナス6.1と厳しさがうかがえる。

雇用面については、従業員BSI(「不足気味」から「過剰気味」を引いた社数構成比)は、現状判断で大企業がプラス21.7、中堅企業がプラス36.0、中小企業がプラス30.2と、中堅企業の不足感がより強い。先行き見通しも同様の見方を示している。

19年度の企業収益見通しについては、売上高で大企業は「18年度並み」が全体の39.7%と最も多く、次いで「増加」の31.5%、「減少」は8.9%となっている。中堅企業では「18年度並み」41.2%、「増加」36.4%、「減少」14.0%、中小企業では「18年度並み」の44.2%に次いで「減少」が23.7%を占め、「増加」は21.6%にとどまっている。

経常利益については大企業、中堅企業、中小企業とも「18年度並み」を見通すところが4割強を占めており、中小企業では3割近くが「減少」を見通している。大企業の「減少」は13%、中堅企業の「減少」は19%となっており、大・中堅と中小の格差が一段と広がる見通しとなっている。

19年度の設備投資をみると、大企業では20%の企業が「増加」とし、「減少」は14%、中堅企業では「増加」19%、「減少」17%を見通している。中小企業は「増加」が10%にとどまり、「減少」も14%しかなく、残り(36%)は「不明」とし、業績の先行きを見通せない現状を示している。

管材新聞 2019年1月16日 第1761号より抜粋

PC

配管セレクション

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

お手間でなければぜひ本記事のご紹介をお願いします。

関連記事

管材新聞 アイコン

PVCデザインアワード 作品・製品募集中 優秀作を11月表彰

ソフトPVC(軟質塩ビ)関連4団体(日本プラスチック製品加工組合連合会、日本ビニール商業連合

記事を読む

管材新聞 アイコン

日栄インテック 配管支持金具値上げ 12月出荷から30%以上

日栄インテック(本社・東京都荒川区)はこのほど、12月出荷分から配管用支持金具及び関連商品の価格改定

記事を読む

管材新聞 アイコン

16年の製造業工場立地件数 3年ぶり減少

経済産業省がまとめた2016年(暦年)の「製造業等」の工場件数は前年比4.9%減と3年ぶりに減少した

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年上半期管材生産 大方の品種で堅調

主要管材製品の2018年上半期(1~6月)の生産高(経済産業省機械統計ほか)は、大方の品種で前年実績

記事を読む

管材新聞 アイコン

15年上半期工場立地 件数、面積とも減少

2015年上半期(1~6月期)の「製造業等」の全国工場立地件数は前年同期比7%減、立地面積も12%減

記事を読む

管材新聞 アイコン

18年度建機出荷額8.2%増で過去最高 内需3年ぶり増、外需2年連続増 油圧ショベル・ミニショベルとも増加

日本建設機械工業会がまとめた2018年度の建設機械出荷額は、前年度比8.2%増の2兆8073億円で、

記事を読む

管材新聞 アイコン

リンナイ ラグビー五郎丸選手加入の豪「レッズ」とスポンサー契約

リンナイは、今シーズンから五郎丸歩選手(ヤマハ発動機ジュビロ)が加入する豪ラグビーチームの「The

記事を読む

管材新聞 アイコン

17年の環境産業市場規模 過去最大の105兆円超 経済・雇用への影響増大

環境省はこのほど、環境産業の市場規模・雇用規模などの推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模

記事を読む

管材新聞 アイコン

7月新設住宅着工、ふたたび増加 持家・貸家・分譲住宅とも増加

国土交通省が発表した7月の新設住宅着工戸数は、前年同月比8.9%増(2カ月ぶり増)の8万5208戸と

記事を読む

「エコ対応の管材」 協成 塩ビ外面被覆鋼管『キーロンVF』

防食管の代名詞として高い採用実績を誇る硬質塩化ビニル外面被覆鋼管「キーロン消火用VF」。 ◆キ

記事を読む

PC

配管セレクション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC

配管セレクション


電動工具 作業風景
電動工具の種類と選び方から用途別の特徴などをご紹介

大工さんや空調設備、水道屋さんなどのプロの職人さんが使うものか

〈新製品〉ノーリツ ハイブリッド給湯機『ユコアHYBRID―S』価格を抑えた給湯・ふろタイプ 4月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、省エネ・環境性に優れた家庭用ハイブリッ

〈新製品〉TOTO “気持ちいい”を科学 新「サザナ」

TOTO(社長喜多村円氏)は、戸建向けシステムバスルーム『sazana

ワキタ HPG6500is

ワキタ(本社・大阪市西区江戸堀1の3の20、社長脇田貞二氏、℡06―6

タカラスタンダード第2四半期決算 新築・リフォームとも中高級品好調で増収増益 不透明な市況ふまえ通期予想は据え置き

タカラスタンダード(社長渡辺岳夫氏)が11月5日発表した2020年3月

→もっと見る

  • 配管部品専門BtoB通販サイト 配管部品.com
    戸建住宅や集合住宅(マンションなど)の給水・給湯配管や床暖房などの配管に架橋ポリエチレン管
PAGE TOP ↑